赤すぐみんなの体験記


つわりが辛すぎて…自分でもらいに行けなかった母子手帳

30f:id:akasuguope01:20170918141715j:plain

妊娠が分かって、予定日が分かると次は母子手帳をもらいに行きます。

私の母は私を含め、5人も子どもを産んでいて、5冊の母子手帳を持っています。

当たり前ですが最初に生まれた私の母子手帳が一番色褪せていて、でも妊娠中や出産後の様子もこまめに記録されていました。

5冊の母子手帳を大事そうに持っている母の姿がとても誇らしげで印象に残っていたので、私も母子手帳をもらうのを楽しみにしていました。


友達が持っていた母子手帳は可愛いキャラクターが描かれていたので、「私が住んでいる地域の母子手帳はどんなデザインなんだろう?
母子手帳ケースも買わないとね。マタニティマークも一緒にもらうのかな?」といろいろ楽しみにしていたのですが…。


「母子手帳をもらってきてね」と医師に言われた妊娠初期つわりがものすごくひどく、いつ吐き気が起こるか分からないので精神的にも参っていました。

外出は近場のスーパーか病院のみという有様です。

「この時期ってつわりで辛いはずなのに、どうやって母子手帳をもらいに行ってるんだろう?」と本気で思ったほどです。

 


「区役所は徒歩20分ほどかかるし、とてもじゃないけど行けない…」。

どうしようかと悩んでいました。


その日は妊婦健診の日。

病院は実家の近くにあるので、私は帰りに実家に寄って休憩していました。
その時、ふと区役所の近くで働いている母のことを思い出し、ダメ元で「もし代理でも可能だったら仕事帰り母子手帳もらってきて欲しいんだけど…」とメールでお願いしました。


まあ本人じゃないとだめだろうなと思っていましたが代理でも良かったらしく、なんと本当に貰ってきてくれました。

母子手帳以外にも母子手帳副読本、マタニティマークやマタニティステッカー、ベビーソープ、マタニティレシピ本、プレママプレパパ教室の案内などたくさん!
それを全部袋に入れたら重いし、しかも区役所の人から20分くらい説明があったらしいので、私が行ってたら確実に途中で気分が悪くなっていたと思います。


ちなみにその説明は母によって要約され1分ほどで終わりました(笑)。本当に母に感謝しています。

でも心の奥底では、滅多にない経験だったので自分で行きたかったなとも少しだけ思いました。

 

 
2人目が出来るか分かりませんが、その時は頑張って自分で行きたいなと思っています。

f:id:akasuguope01:20170918142035j:plain

著者:ちおりん
年齢:31歳
子どもの年齢:2歳

くるくる天パでおてんば食いしん坊娘のヘタレちびママです。2人とも食べるの大好き。お出かけ大好き。今日はどこへ行こうかな?何を食べようかな?旦那は多忙なので毎日2人で楽しみながらのんびりまったり過ごしています。ママは万年ダイエッター。産後太りが元に戻りません。口癖は「ダイエットは明日から」頑張ります。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。