赤すぐみんなの体験記


「赤ちゃんの名付け」。我が家が優先したのは呼んだ時の響きと…

f:id:akasuguope01:20170908112339j:plain

赤ちゃんの名前は親からの最初のプレゼントである」とどこかで聞きました。

「一番最初に贈るものであって、ずっと使うもの!」

そう考えると、とても気が引き締まります。
私も、妊娠7ヶ月でお腹の赤ちゃんが女の子であるとわかった時から、夫と2人で毎日娘の名前を考えていました。

私たちが大事にしたのは名前の響きです。

名前は「書く」よりも「呼ばれる」方が圧倒的に多いだろうと考え、名前を呼んだ時に可愛いのがいいねと話していました。

また、結婚した時は姓が変わってしまうかもしれませんが、字画についても今の姓と良い相性かも考えました。

そして姓名判断も気になりました。親が子どものために選んだ名前ならどんな名前でもいい!と思いますが、姓名判断についても良いに越したことはないだろうと考えました。姓名判断はネットの無料サイトを利用することにしました。

 

 

なによりも、まずは肝心な呼び名を決めるところからスタート。
呼び名は特に夫がこだわっていて、「これは譲れない!」というものに決まりました。

そして、どのような漢字にするかをネットで検索。

いくつかピックアップして実際に書いてみて、しっくりこないものや全く読めないものは省きました。

そして、残った名前で姓名判断の無料サイトを使って占いました。

その中で良い結果が出た名前の漢字の意味を調べて、私たち夫婦の「こんな子に育って欲しい」という考えに合う漢字の名前を選びました。

「誰にでも優しくできる」、「大きく豊かに」、「みんなに愛される子に」という意味がしっかり当てはまる漢字2文字の名前になりました。

名前の響きを大事にして決めた呼び名に、姓名判断で良く、さらに「こんな子に育って欲しい」という私たちの気持ちを表した名前です。

漢字で書いても呼んでみても、夫婦ともに納得がいく名前となりました!

 

 

名前が決まったその日から、お腹に向かって何度も名前を呼んで話しかけていた私たち。娘が生まれてからも、毎日何回も呼び、両親や義両親にも「素敵な名前!」「漢字もいいね!」と喜んでもらえました。

 

いつか娘が大きくなった時に、

「こんな風に名前を考えて、こんな意味を込めて決めたんだよ!」

「この漢字にはこんな意味があるんだよ!」

と教えてあげられる日を楽しみにしています!

f:id:akasuguope01:20170908101628j:plain

著者:すずこ
年齢:27歳
子どもの年齢:0歳6ヶ月

こんにちは!現在6ヶ月の娘を持つ新米ママのすずこです!両親は共働き、義理の両親は祖母の介護でほぼ頼れず、夫は日曜以外は起きてる時に帰宅できず…おまけに見知らぬ土地に引っ越してきたばかり!ズボラな性格で失敗もありますが、なんとかなる!なんとかする!で明るく楽しくワンオペ育児に奮闘中です!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。