ゼクシィBaby みんなの体験記


妊娠3ヶ月から続く頻尿。我慢していたら、ついに膀胱炎になってしまった!

f:id:akasuguope01:20170914165211j:plain

妊娠中はトイレが近くなるとは聞いていたのですが、お腹が大きくなってからの話かと思っていたら、私の場合は妊娠3ヶ月頃からトイレに立つ回数が気になるようになりました。病院で相談すると妊娠初期から頻尿になる方は多いそうです。


当時妊娠3ヶ月つわり真っ最中の頃、口の中の気持ち悪さをお茶やジュースなどの飲み物で紛らわしていたこともあり、トイレによく行っていました。

最初は水分の摂りすぎかなと思っていたのですが、行って1時間もしないうちにすぐにトイレに行きたくなり「トイレが近い」というよりもう「頻尿」。子宮が大きくなるにつれて膀胱が圧迫されているからといわれるも、1日何回トイレに行ってるんだろう…という感じでした。

夕飯の買い物をしに行くくらいの距離なら大丈夫でしたが、主人の休みの日に一緒に出掛けるとなるとトイレのことばかり気になって、外出の楽しさも半減してしまうほどです。

病院で相談したのですが治す方法はないとのこと。行きたくなったら我慢せずに必ずトイレに行って下さいと言われたのですが、それからも行ったところで大して量が出るわけでもなく、あまりスッキリもしないので、行くのが面倒になってついつい我慢してしまうことが増えました。

そんなことを続けていた妊娠5ヶ月頃、ある日トイレで違和感を感じました。ツーンとするような排尿痛と残尿感がでてきたのです。トイレを出た途端にまたトイレに戻るということが多く、今までの頻尿以上にトイレに行く回数が増えてしまい、健診の際に病院で相談するとやはり膀胱炎になっていました。

妊娠中は特になりやすいそうで、だからちゃんとトイレに行きなさいと言われていたんだと反省しました。病院で薬を処方してもらいこまめに水分をとり、1週間くらいで痛みや残尿感は落ち着きました。

結局頻尿は妊娠後期まで続きましたが、膀胱炎にならないためにと思うようになると、頻繁にトイレに行くのも苦ではなくなりました。

そして出産後は嘘のようにスッキリし、むしろトイレに行くことを忘れてしまうほど改善。むしろ医師からは意識してトイレに行ってくださいと言われるほどでした。

妊娠中は、普段の体とは全く違う体になるんだなぁと思った体験でした。

 

f:id:akasuguope01:20170914165435j:plain

著者:エイミー
年齢:32歳
子どもの年齢:3歳、1歳

主人とは23歳離れた年の差夫婦です。子供は元気な女の子が二人と、もうすぐ男の子が増える予定です。小さな子供もいてのんびりする時間はまだしばらくありそうにありませんが、毎日バタバタ楽しく過ごしています。子連れOKのレストランや施設を検索して出かけるのが休日の楽しみです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。