赤すぐみんなの体験記


月にたった1日、貴重なチャンスを逃したくない!のに夫は…夫は…。何とも言えない悔しさに涙 byりーぬ

2015年10月に第一子となる息子を出産し、日々ドタバタ子育てに奮闘している新米ママ、りーぬと申します。


f:id:akasuguedi:20171220222957j:plain

f:id:akasuguedi:20171220223013j:plain

f:id:akasuguedi:20171220223034j:plain

f:id:akasuguedi:20171220223053j:plain

f:id:akasuguedi:20171220223116j:plain

f:id:akasuguedi:20171220223137j:plain

f:id:akasuguedi:20171220223153j:plain

f:id:akasuguedi:20171220223210j:plain

私の場合、治療中は1ヶ月がとても長く感じられました。

「ただでさえ妊娠しにくい体…月に一度のチャンスを逃してなるものか!

注射や投薬の苦労を無駄にしたくない!!」

といったように、どうしても実際に治療をしている私のほうが、夫よりもピリピリしてしまうことが多く、タイミングが取れないことにイライラすることも多々ありました。

仕事などで帰宅が遅い日など、仕方ない場合には何とも言えない悔しさに落ち込んだり…

しかし、そういった気持ちを一人で抱え込むと余計に辛くなってしまうので、仕事等仕方ない場合を除いては、出来るだけ協力して欲しいと夫に伝えていたことは良かったと思います。

最初はあまりタイミングを取る日に関心がなかった夫でしたが、治療が進むにつれて進んで日にちを確認してくれるようになりました。

不妊治療は一人で意気込んでいてもどうにもなりません。夫婦で支えあって協力し合うことがとても大切だと実感しました。

 

f:id:akasuguedi:20170614143656j:plain

著者:りーぬ
年齢:30代
息子:1歳
2015年10月に第一子である息子を出産。初めての子育てに、毎日ドタバタ奮闘しております!大変なことを上げればキリがありませんが、せっかくなら楽しくやろう!とだいたい笑って生きています^^。インスタグラムにてゆるりと育児絵日記(@tky_rinu)を更新しております!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。