ゼクシィBaby みんなの体験記


「わずらわしさから解放されたはずなのに、なんで寂しいんだろう…」さよなら、ベビーカー by ゆむい

先日、ベビーカーを処分しました。

f:id:akasuguedi:20180109142747j:plain
半年以上使っていなかったのですが、なんだか捨てられず。玄関先に置きっぱなしにしていたら蜘蛛の巣が張ってしまいました。
「もう潮時かな…」と、なんだか怒涛の育児期間を思い出してしんみりしてしまいました。

 

1台目のベビーカーを買ったのは長男を妊娠中のこと。
あの時は「妊娠して、産まれたら、育児する」…というのがピンと来ていない状態でしたが、新品のベビーカーが「育児するんだぞ!」という現実をよりリアルに教えてくれたような気がしました。

f:id:akasuguedi:20180109142830j:plain
ベビーカーにぬいぐるみを置いて「早く乗せてみたい」と写真付きでSNSに公開していたのを覚えています。

初めてベビーカーに乗せて出かけたのは、桜が満開の時。 
f:id:akasuguedi:20180109142855j:plain
生後1〜2ヶ月の長男はほとんど寝ていて、桜なんて全くわかっていなかったでしょう。初めてのベビーカーの乗り心地は気持ちよかったかな?ちょっと寒かったかな? 

ベビーカーを押してから、初めて見えて来た世界もあります。
街中って意外と段差・階段が多い。スロープって思った以上に遠回り。意外な所に傾斜があって、ヒヤリとしたことも。
f:id:akasuguedi:20180109142928j:plain
電車やバスでたくさんの人たちに助けていただいて、世の中がこんなに親切で溢れているとはベビーカーを押すまで知りませんでした。

f:id:akasuguedi:20180109142950j:plain
平坦に整えられた歩道、ヒビの入っていないアスファルト、横断歩道の小さな凹凸、デパートのツルツルした床、絨毯が敷かれた床、木製の橋、砂利道、石畳。芝生も、草の長さで動きやすさが全然違う。
足元の状況なんて、ベビーカーを押すまで全く気にしたことがありませんでした。

 

成長に合わせて2台目、次男が産まれておさがりに回し、それも壊れて3台目…と、5年間押し続けたベビーカー。

幼稚園の送迎も、同じ道、同じ時間の中で、たくさんの思い出ができました。
f:id:akasuguedi:20180109143042j:plain

次男が2歳後半の冬。
f:id:akasuguedi:20180109143100j:plain
雪が積もったのをキッカケにベビーカーをしまいました。

春になって雪が溶け…
f:id:akasuguedi:20180109143121j:plain
乗せようとしても泣いて抵抗する次男。
何日かに渡って乗るか尋ねたのですが、やっぱり拒否。

あぁ、もう、これで本当にベビーカーは卒業なんだ。 
そう確信したのが昨年の春でした。

手元からタイヤの振動が無くなった。 
面倒な回り道をしなくなった。
ゴツゴツした道にストレスを感じなくなった。
猫背で重たい物を押さなくてよくなった。
f:id:akasuguedi:20180109143208j:plain

当たり前の光景になってたけど、ベビーカーに乗ってる子供の写真、ベビーカーを押している私の写真をもっともっと撮っておけばよかったな。ちょっと後悔もあります。

今は子供と手を繋いで歩いているけど、そのうち手も繋がなくなるのでしょう。
f:id:akasuguedi:20180109143245j:plain

 

子供の成長過程を共にした、育児グッズの中でも特に思い入れの強いベビーカー。
今まで本当にありがとう。

リサイクル店に持って行ったら100円にしかならななかったけど、またどこかの親子の役に立っているといいなぁ。
f:id:akasuguedi:20180109143315j:plain

  

 

f:id:akasuguedi:20160622235921j:plain

著者:ゆむい
年齢:29歳
子どもの年齢:5歳・3歳

イラストレーター。やんちゃ盛りの兄弟の様子をほのぼの漫画で描いています。

ブログ:ゆむいhPa 〜過激♡でマヌケな兄弟育児〜
インスタグラムも更新中(@yumui_hpa)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。