赤すぐみんなの体験記


義実家同居がストレス!妊娠5ヶ月でアパートへの引っ越しを決行!

f:id:akasuguope01:20170828042204j:plain

私は結婚後、旦那の実家で同居し、義理の両親と祖父母、そして旦那、私、長男と7人で暮らしていました。

そしてやはり、同居する中で、ストレスに感じる事がたくさんありました。義母が長男を離さず溺愛したり、同じ箸を使って長男に食べ物をあげること、義理の祖母が何度危ないと注意してもテーブルに果物包丁を置きっぱなしにすることなど、日々イライラすることがあったのです。

そんな実家の中で頼りになるはずの旦那も、仕事から帰る時間が遅かったり、出張に行って週末しか帰って来なかったりで、とても心細い日々を過ごしていました。

そんな中、長男が10ヶ月の時に2人目の妊娠が判明。このままこの家で子ども2人も育てられるのか心配になりました。

義母に長男もしくは次男を取られてしまうのではないか、自分が理想とする子育てができないのではないか…。

そんな不安ばかりが頭をぐるぐるまわっていました。妊娠中ともあって、どんどん気分が沈んでいってしまいました。

 

 

そしてとうとう我慢の限界に達し、旦那さんに自分が思っていることを打ち明け、アパートで暮らしたいと相談しました。

ですが、旦那からは「実家で暮らしたい。アパートで暮らす程お金がない」と断られてしまいました。

確かに、旦那の実家で暮らしていると、家賃もかからず食費も払わなくていいと言われていて払っていなかったので、お金の面ではとても助かっていました。

ですが、旦那の給料は手取りで月20万+年に2回の賞与がありました。私も産休をもらっていたので、子供が1歳になったらフルタイムで働く予定です。

確かに余裕はなくなりますが、それよりもアパートで気楽に暮らしたいという気持ちのほうが勝っていました。

そこで私は、まず物件を探し、月々の支払い等の目安を書き込んで旦那さんにプレゼン。アパート暮らしでも生活できる事を証明しました。

すると、渋々ですが納得してくれ、アパートに引っ越すことになったのです。

ものすごく嬉しかったです!

物件が決まり、引越しをしたのは妊娠5カ月。長男が1歳1ヶ月でした。

引っ越しは、旦那の友達が手伝ってくれ、私は荷物整理をするぐらいだったので、お腹が張ることもなく楽だったのを覚えています。

ですが、引っ越し後、想像以上に大変なことがいくつかありました。
とても大変だったのは、アパートが2階だったので階段の上り下り。

妊娠中はお腹がじゃまして下が見えないのでなおさらです。長男の手を引きながら、時には抱っこして上り下りしました。

そして、スーパーでの買い物の荷物は、重いととてもじゃないけど持てなかったので、少しずつ買うようにしました。

次男が産まれてからも変わらず大変で、出かけた後に車で2人とも寝てしまった時は、爆睡してるほうから連れて行き、家の布団に寝させ、また車に戻ってもう一人を連れてくるといった具合です。

長男が起きている時は抱っこ紐でおんぶし、新生児の次男を抱っこ、新生児が寝ている時は片手に抱っこし、長男と手を繋ぎながら歩いてもらいました。

やはり、子ども2人を1人で見るのは大変なことだと痛感しました。

ですが、義実家でのストレスから解放されたのは、とっても嬉しいことでした。

 

 

現在1歳になった次男は、駐車場までの道のりや階段は1人で歩けるように。私は見守る程度でいいのでだいぶラクになりました。

やはりあの時引っ越しを決断してよかったと思っています。

 

f:id:akasuguope01:20170828040035j:plain


著者:二児Mama
年齢:24歳
子どもの年齢:3歳、1歳

私、旦那、息子2人の4人家族。育児休暇後職場復帰し、共働きの為、息子たちは保育園へ通園中。育児・家事・仕事に奮闘する毎日です。年子のやんちゃな息子達の子育ての大変さや楽しさ、核家族、共働きならではの家族の協力さなど一緒に共感できれば嬉しいです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。