赤すぐみんなの体験記


ピアノの音でピタッと泣き止む赤ちゃん。お腹の中で聴いていた曲を覚えているの?

f:id:akasuguope01:20170823121152j:plain

私は幼少期のころからピアノが大好きです。幼稚園時に2年間ほどピアノを習い、それ以降は独学でピアノを学習。いまでは上級クラスの楽譜が弾けるようになり、曲を聴くだけで自分なりにアレンジができるまでになりました。

きちんと習っておけばよかったなと思うこともありますが、好きなように弾いてきたからこそ続けられた趣味だとも感じています。

しかし毎日のように弾いてきたピアノも、社会人になると自然と弾かなくなりました。
仕事などに追われ、趣味を楽しむ時間さえなくなっていたのです。

結婚をするとなおさら。いつの間にかピアノは物置き化していました。調律も10年以上していない状況です。せっかく両親に買ってもらったピアノがもったいない…。

やっとピアノに触れたのは妊娠をしてからでした。

産前休暇に入り時間ができると、ふと「ピアノを弾いてみようか」という気持ちが芽生えたのです。ほこりまみれのピアノのふたを開け、恐るおそる鍵盤に触れてみました。

久々に聴くピアノの音色に胸はドキドキです。

その日から私は再びピアノに夢中になるのでした。

調律をおこない、学生時代に一生懸命練習をした「ショパン」の曲を弾いてみる。なんとも言えない心地よさを感じます。妊娠中はなにかと情緒不安定になりがちです。出産に対する恐怖を抱き、ひとりで不安になることも。そんなときにピアノを弾くと心が落ち着きました。

忘れかけていたピアノの感覚を取り戻し、クラッシックやポップスなど様々なジャンルの曲を奏でました。

妊娠というタイミングでピアノ好きだった自分を取り戻すことができてよかったです。つくづく私は音楽が好きなんだと感じたものです。

胎動を感じ始めたのは妊娠5ヶ月ごろでした。不思議なことにピアノを弾くと、胎動が激しくなるのです。まるでリズムをとっているかのよう。もしかすると赤ちゃんも音楽が好きなのかもしれません。

赤ちゃんが産まれてから、妊娠中に弾いていた曲を覚えている?と感じたことがありました。それは寝かしつけるのに苦労していたときのことです。生後2ヶ月ごろ、おっぱいを飲んでも泣き続け、泣いている理由が分からず右往左往していました。なにをしても泣き止まない赤ちゃんに、ふと思いつきピアノを弾いてみることに。

すると赤ちゃんはピタッと泣くのを止めたのです。まるでピアノの曲を覚えているかのよう。そのうちウトウトし始め、目をつむってくれました。本当に曲を覚えていたのかどうかは分かりませんが、少なくともピアノの音色は赤ちゃんの記憶に刻み込まれていたのかもしれません。

f:id:akasuguope01:20170823111649j:plain

著者:ヤングマン
年齢:37歳
子どもの年齢:3歳、6歳

3歳の娘が幼稚園に入園し、ようやく一息つけるようになりました。自分の時間が持てる幸せを噛みしめている今日この頃です。心に余裕が持てると、育児や家事が効率よく回せる気がします。週末は家族そろって外遊びに夢中です。アラフォーママですが、子どもの元気についていけるよう日々奮闘中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。