ゼクシィBaby みんなの体験記


2人目出産はラクって本当!? 思い描いていた出産シーンとは全く違った

f:id:akasuguope01:20170913211152j:plain

2人目の妊娠中は少し気持ちに余裕があったように思います。

妊娠中は産婦人科の先生や出産経験者のママ達から聞いていた、「経産婦さんは2人目以降は出産時間も短くなるし、1度産道が開いているからスムーズに進むことが多い」という話がずっと頭の中に残っていて、漠然と2人目の出産は分娩時間も短くあっという間に過ぎてしまうんだろうと思っていました。

 

そして迎えた臨月。出産の流れや産後の状況など1人目の出産シーンを思い出してよくイメージしていました。赤ちゃんに会える楽しみな気持ちももちろんあるのですが、1度経験しているから分かってしまう陣痛の痛みへの不安な気持ちが溢れてきます。

ですが、ともかく赤ちゃんが無事に産まれてきてくれることを1番に願うだけ、そう思っていました。

 

そして微弱陣痛が1日続いた翌日、陣痛の間隔が少し短くなって来た朝方に主人を起こし、眠っている娘を連れて病院へ向かいました。

病院へ到着すると、そのまま入院しましょうということになり1度主人と子供は帰宅してもらって私は出産準備となりました。

内診などしてもらい先生や助産師さんからは「経産婦さんだし子宮口開くのも早いかな?このままなら順調にお昼前には産まれちゃうかもね!」と言ってもらい、陣痛に耐えながらも心の中では「よかった!この痛みからもうすぐ解放される!」と思っていました。

しかし、子宮口がなかなか開かなかったのです。陣痛と格闘する時間が長くなればなるほど、早く生まれると期待していた分、より時間が長く感じらます。体力の消耗が激しく、分娩台へ上がった頃には手にも足にも力が入らないくらいでした。

また分娩中に産道にむくみが出てしまい、赤ちゃんがなかなか下りて来られません。

助産師さんが不安げな様子になり、このままでは赤ちゃんが呼吸ができなくなって心拍が落ちて危険だと急遽先生が呼ばれました。私も怖くなってしまい呼吸が浅くなったため途中で酸素マスクを付け、先生がお腹を圧迫して赤ちゃんを押し出します。

1人目の出産時は分娩台で1時間程でスルリと産まれて来てくれた感覚がありましたが、2人目は思い描いていた様にスルリと産まれて来ることはありませんでした。

やっと生まれたときは、意識が朦朧としていました。それでも「やっと出て来てくれた!苦しい思いさせてごめんね!無事に産まれて来てくれてありがとう!!」と産まれたての我が子になんとか話しかけながら……。

 

結局、2人目の分娩時間も、1人目の子と変わらず同じくらいの時間がかかったのでした。

産後、看護師さんに「2人目の子の方が700グラムも大きいし、頭囲も5センチも大きかったから思っていたより時間かかちゃったけど、2人共本当に良く頑張ったね!!お疲れ様」と声をかけてもらった時、とても嬉しかったのと、スルリと産まれて来れなかった理由も分かり、思わず笑ってしまいました。

1人目よりも楽な出産になると安易に考えていたことを反省し、1人として同じ出産は無いことを改めて学ばせてもらった出産となりました。

f:id:akasuguope01:20170913211227j:plain

著者:haru#hima
年齢:35歳
子どもの年齢:5歳、1歳

2人の子供と楽しく忙しい毎日を送っている35歳ママです。二人育児の大変さを実感しつつも、姉弟でじゃれあっている姿を見て微笑ましく思っております。子供たちの笑顔が大好きなマイペース母ちゃんです。最近では、家事・育児をこなしながらお仕事も頑張りたいと思い、生活のバランスについて真剣に考えています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。