赤すぐみんなの体験記


妊娠27週で突如嘔吐してしまうほど背中に激烈な痛み!歩けないほどの激痛の原因とは?

f:id:akasuguope01:20170823213058j:plain

これは私が妊娠27週の時。

もうすぐ妊娠後期に突入という時に起きた、10ヶ月の妊娠生活の中で一番衝撃的な出来事でした。

お腹もだいぶ大きくなってきて、周りから見ても妊婦とわかるようになってきた頃。「なんだか背中が痛いな~」という日が続いていました。それも右側だけ。ですが、お腹が大きくなってきたから、腰や背中に負担をかけているのかなと思っていました。

痛くて腰を曲げて歩いていたら、夫から「そのまま腰曲がっちゃうかもよ~」と冗談を言われ、私も「まさか~」と言いながら笑っていました。

今思えば、この時から症状が出ていたのです。そんなこととはつゆ知らず、後に大変なことになろうとは私も夫も思ってもみませんでした。

 

背中が痛くなり始めて2~3日経ったある日、夜に37.3度のが出ました。平は36.5度なので微熱ですが、妊娠中初めてのだったので戸惑いました。

しかし以外、鼻水やなどの症状は全くなかったため、一旦寝て朝まで様子を見ることに。

そして次の日の朝には平に戻っていたので安心しました。

ところがまたその日の夜にまたが出たのです。今度は38度まで上がり、さすがに心配になって産院に電話をかけて聞いてみることにしました。

この時も風邪らしい症状は見られなかったので、「脇や首を冷やして朝まで様子を見て、朝になってもが下がらなかったら来てください」と言われました。

言われた通りに冷やして寝ると、翌朝また平に戻っていました。日中は元気に過ごしていましたが、その日の夜に体調が急変。背中に激痛が走ったのです。

 

 

もう言葉では言い表せないほどの激しく長い痛み

背中の右側に差し込むようにビキーーーッと激痛が続き、痛すぎて耐えきれず嘔吐。

は38度、立てない、歩けないで、隣で寝ていた夫をたたき起こしました。とにかく痛すぎて泣きながら叫んでいたので、夫もただならぬ状況と判断したのか救急車を呼んでくれました。

救急車が来てから受け入れ先の病院が決まるまで30分近くかかったのは、言うまでもない私が妊婦だから。

症状の中で産科の要因が考えられる場合は、「産婦人科」と「内科」両方の先生がいないとほぼ受け入れてもらえないそうです。

断られて、断られて、7件やっと受け入れてもらえる病院が決まりました。こんな時でもしっかり胎動があり、元気でいてくれたお腹の中の娘。不幸中の幸いでした。

到着してすぐに内診とエコーで娘の無事を確認。痛すぎて内診台に背中を付けることができませんでした。エコーと尿検査の結果、「急性腎盂腎炎」と診断されました。

どうやら背中の痛みは腎臓の痛みだったようです。感染していると、夜だけが上がることも良くあるそうです。

 

そこから5日間の入院となり、抗生剤の点滴と痛み止めを処方してもらい、徐々に良くなっていきました。先生や看護師さんの適切な処置のおかげで、ちょうど妊娠28週になった時に退院することができました。

ほぼ痛みはなくなって元気になった私。受け入れてくれた病院、その病院を探してくれた救急隊の方に感謝です。

 

 

妊娠中は膀胱が圧迫されるので、排泄トラブルが起きやすく腎盂腎炎にもかかりやすいそうです。たくさんとり、トイレを我慢することがないように十分に気をつけて過ごしました。

出産時の痛みの先には喜びが待っているけど、腎盂腎炎の痛みは苦痛しか残らなかったです(笑)。

「もう二度とこんな痛みは経験したくない!」と思っているので、妊娠中の体調の変化には十分に気をつけようと思いました。

f:id:akasuguope01:20170822105943j:plain

著者:すずこ
年齢:27歳
子どもの年齢:0歳5ヶ月

こんにちは!現在5ヶ月の娘を持つ新米ママのすずこです!両親は共働き、義理の両親は祖母の介護でほぼ頼れず、夫は日曜以外は起きてる時に帰宅できず…おまけに見知らぬ土地に引っ越してきたばかり!ズボラな性格で失敗もありますが、なんとかなる!なんとかする!で明るく楽しくワンオペ育児に奮闘中です!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。