ゼクシィBaby みんなの体験記


新陳代謝がとっても活発な赤ちゃん。毎日のお風呂で清潔にしてあげたい

f:id:akasuguope01:20170826210254j:plain

現在4歳、0歳11か月の二人姉妹の育児中です。

産院では退院までに沐浴指導を受けることが多いと思いますが、その時、新生児でもなるべく毎日お風呂に入れてあげるように助産師さんから指導を受けました。

その際、特に皮脂のよく出る顔や髪、うんちやおしっこで汚れるお尻、皮膚が重なり合う首の部分などは石鹸を使い、それ以外の足やおなかは常に乾燥気味なので石鹸は特に不要と聞きました。

赤ちゃん用のソープなども販売されていますが、普通の固形石鹸で十分なので、その分お母さんがいい化粧品使っていいのよ、と助産師さんが笑わせてくれたのも記憶に残っています。

赤ちゃんはお母さんのおなかの中でずっと小さくなっていたので、お風呂に入るときに服やおくるみを剥がしてそのままお風呂に入れるととても不安になるそうで、そのためにガーゼなどを一枚、体にかけてやることで安心するそうです。

実演で助産師さんがやって見せてくれて、はだかんぼで泣いていた赤ちゃんがガーゼをかけられて優しくお湯をかけられた途端に落ち着くのを見て皆で微笑んだものです。

でも実際に家で毎日やってみると、どうやっても泣かれるときもありました。新生児を泣かせないようにするのは無理ですよね。それもまた、育児の1ページです。

我が家ではベビーバスは使わず、毎度洗面所のシンクをきれいに洗ってお湯を溜めて入浴させました。

一人目のときは柔らかいプラスチック製のカゴの浅型のタイプのものを買ってお湯を溜めてダイニングテーブルでやっていました。今ではそれは洗濯の漬け置き洗い用のたらいとして利用しています。

夫がいるときは、お風呂場で洗ってもらいました。
新生児は、夫の手の指先からひじまでの間にちょうど収まるサイズだったので、そこに乗せられなくなった時、大きくなったんだなぁと、姉妹の成長を二回ともそんな形で感じたりもしました。

洗っている最中や洗い上げた瞬間にうんちやおしっこ、なんていうこともあり、慣れるまではあたふたしてしまいますが、気づけば首がすわり、腰がすわり、今では上の子と一緒に洗い場で座らせてみんなでお風呂に入っています。

新生児期もそうですが、赤ちゃんの入浴時はおなかや顔、髪を洗ったあとはうつ伏せにして背中部分も、全身くまなく見るようにも言われていたので、じっくりと観察することも忘れませんでした。

ですが、そういいつつも、お母さんが体調が悪い時には無理をしなくてもいいよ、と助産師さんが最後には付け加えていたことも念頭において、自分の体調と相談しつつの沐浴期間でした。

赤ちゃんのお肌って、すべすべツルツルのイメージですが、新生児の頃は…ツルツルというよりもガサガサにむけていたり、胎脂でべったりしていたりしたような記憶があります。
特に下の子は黄疸が割ときつめで、1ヶ月を過ぎてもしばらくは幼稚園で日焼けしている上の子よりも黄色い肌をしていました。

3ヶ月頃は乳児湿疹が出たり、そのあとはよだれが多くよだれ負けで荒れたりも。
半年を過ぎて、ムチムチでよく笑うようになってきてやっと、赤ちゃんのもちもちツヤツヤのお肌になってきた気がします。

でも、11ヶ月の今でも上の子や夫のことをしている間に寝てしまってタイミングを逃したり、ちょっと風邪気味などでお風呂に一日入れ損なうと、すぐに赤く湿疹のようになったり、暑い時期には汗疹、おむつのムレで赤くなったりと、すぐに荒れ模様になります。そしてびっくりなことに、清潔にしてやるとあっという間にきれいになるのです。
それくらい赤ちゃんは新陳代謝が激しいということなんだと思いました。新生児だったらなおさらです。
自分の体調、赤ちゃんの体調が許す限り、新生児期は毎日沐浴をしたほうよさそうです。

f:id:akasuguope01:20170826210411j:plain

著者:ごろう
年齢:35歳
子どもの年齢:4歳、0歳11ヶ月

おしゃれが大好きな4歳の娘と、ただただかわいい癒しの0歳児(だんだん怪獣化しつつあり)、二人の娘を授かり母親をしております。大変なことも多いですが子供たちの成長の早さを見るにつけ、これは今だけの幸せなんだなと思うようにして日々乗り切っております!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。