赤すぐみんなの体験記


赤ちゃんの身長と体重のバランスが気になる!授乳間隔を意識してみると…

f:id:akasuguope01:20170824181945j:plain

産まれたばかりの時には弱々しく、何をするのにも「そーっと、そーっと」と気を遣っていた赤ちゃんも、生後3ヶ月になるとだいぶしっかりしてきます。

そして、赤ちゃんの生活リズムも何となく分かってきて、赤ちゃんと一緒の生活にも慣れてきた頃だったと思います。


その頃になって、私が赤ちゃんについて気になっていたのは、赤ちゃんの身長と体重のバランスです。

私が住んでいる地域では、保健福祉センターで月に一回、0歳児の育児相談会をやっていて、身長体重も計測してくれます。

うちの子は、産まれた時は2725グラム、身長は47センチで、平均よりはやや小さめかな~というくらいでした。でも、そこからグングン成長して、生後3ヶ月の育児相談会で見てもらったときには、6470グラム、59.6センチになっていました。

身長と体重のバランスを見るカウプ指数は18.2。

この数値は18以内が標準的で、それより大きい数値であればあるほど肥満なのだそうです。つまり、うちの子はほんの少しですが、太り気味ということ…!?

保健師さんにはまだ3ヶ月だし、そんなに気にしなくていいよと言ってくれましたが、うちの子は完全母乳で、昼間の授乳間隔がまだ2時間ほどだったので、それもあって体重が増えているのかなと思いました。


そこで、これをきっかけに授乳間隔を少しだけ意識するようにしました。

産まれたばかりの頃は「泣いたら授乳でいいよ」と助産師さんからも指導されていて、ちょっとグズったらすぐに授乳していましたが、まずは空腹以外に別の不快なことがあるのではないかと色々試してみるようになりました。

例えば、オムツが濡れているのがイヤなのかな?と、新しいオムツに替えてみたり、暇だから遊んでほしいのかな?と手遊びなどをしてあげたり。
うちの子の場合は、特にオムツを替えるとスッキリして機嫌が良くなることが多かった気がします。あとは、縦抱きをして姿勢を変えてあげると喜んでいました。

色々工夫しているうちに、生後4ヶ月になる前には、授乳間隔は自然と3~4時間になっていきました。それでも体重は増えていっていますが、授乳間隔が開いたことで、遊び飲みや、おっぱいの片方だけ飲んで満足してしまう、ということもなくなってきました。

何より、授乳室などがない場所に出かける時に、時間に余裕ができたのが嬉しかったです。また、外に出かけることで気分が変わって、安定して授乳間隔があくようになっていった気がします。

f:id:akasuguope01:20170824182117j:plain

著者:koge
年齢:36歳
子どもの年齢:4歳、0歳4か月

幼稚園年中の長女と生後4か月の次女の二人の育児に奮闘中。長女一人だった時とは違い、子ども一人ずつに向き合う時間がうまく取れないのが悩ましい所。子どもの前ではなるべく笑顔でいたいなと思いつつも、忙しくてイライラして、長女をつい叱ってしまい自己嫌悪に陥ることも多々あります。子育てって理想通りにはなかなかいかないものですね。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。