赤すぐみんなの体験記


病室で過ごした1歳の誕生日。思わぬ人たちからのお祝いに涙が溢れる

f:id:akasuguope01:20170826200742j:plain

自分が今までに過ごしてきた誕生日。毎年いろんな思い出があります。

そんな私も歳を重ねるにつれ、だんだんと自分の年齢や誕生日を忘れるようになってしまいました…。わが家の長男は1歳11ヶ月。あと少しで2歳になります。そんな長男の1歳の誕生日は忘れられないものでした。

長男は持病があります。生後6ヶ月で初めて持病がわかり、何度か入院治療も経験しました。

1歳の誕生日を1週間後に控えたある日の夜、長男は40℃の発をしてぐったりとしていました。や鼻水、下痢や嘔吐などの症状は特になく、持病の影響かもしれないと思いかかりつけの小児科を受診しました。

検査の結果はやはり持病の影響だろうということで、近くの総合病院で入院治療を受けることになりました。チューブに繋がれてぐったりとしているわが子を見るのは、何度見ても辛いものです。

長男の1歳の誕生日は盛大に祝おう、自分もお母さんになって1年の記念日なのだから。そう思って準備をしていた矢先の入院だったので、私も少しばかり落胆していました。けれども、そうは言っていられません。

まずは長男の病気治療をして元気になってもらおう、誕生日はそれからでも遅くないから目一杯お祝いしよう、そう思うようにしました。


長男の1歳の誕生日は病室で過ごすことになりました。病室には私と息子の二人きり、当時の私はシングルマザーでしたので面会に来る家族もいません。

静かな誕生日になるのかなと思っていた所に、病棟の医師、看護師、看護学生や清掃員までもが病室に来てくれて、誕生日おめでとうと声をかけてくれました。

担当の看護師がカルテを出すときに誕生日の記載を見て気が付いたということで、長男が大好きなキャラクターの絵が描かれた手作りの誕生日メダルまでもらいました。その中に書かれた担当看護師からのメッセージに涙したものです。

その後しばらくして無事に退院することができ、家で1週間ほどゆっくり過ごしてから長男の誕生日パーティを開きました。

部屋を飾り付けたり、いつもよりちょっぴり豪華な食事を用意したり、選び取りの将来占いをしたり…。長男のために両親や兄弟、祖母も駆けつけてくれて賑やかな誕生日パーティでした。

 

長男はというと、病院でもらった誕生日メダルが気に入ったのか握りしめたまま離しません。

長男よ、1歳の誕生日おめでとう!私もお母さん1歳おめでとう!忘れられない1歳の誕生日の思い出です。

f:id:akasuguope01:20170826192619j:plain

著者:orihime
年齢:33歳
子どもの年齢:1歳11ヶ月、妊娠7ヶ月

妊娠7ヶ月の主婦です。ステップファミリーとしてしばらく過ごした後、不妊治療を経て第二子を授かることができました。大変なこともたくさんありますが、妊婦期間は今だけだと思って楽しみながら過ごすように心がけています。妊娠・出産・育児を経験してみて、子どもと一緒に私も成長させてもらっているような気がしています!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。