赤すぐみんなの体験記


3人出産して妊娠高血圧症候群になること2回!唯一ならなかった時にやったこととは?

f:id:akasuguope01:20170729100142j:plain

私は元々身長も低く、体重が42kgと小ぶり。

1人目の妊娠後期のときは65kg、2人目で63kgと20kg以上太っていました。

3人目の時は59kgだったので17kgと一番太りませんでしたが、それでもだいぶオーバーしてますよね。

だんだん太っていくのは気づいていましたが、先生も始めは不安そうな私を見て「元々細いから、多少は太っても大丈夫よ」と言っていました。

しかし、まさか3人中2度も妊娠高血圧症候群になるとは思ってもいませんでした。

1人目の時の妊娠高血圧症候群の始まりは、妊娠中期27週目に、足のふくらはぎが大根の2本分くらいに、足の甲は象の足のようにむくんだことからでした。

指で押さえると、何分もへこんでしまって戻ってきません。起き上がるのも歩くのも、自分の体ではないみたいに痛くて、凄く辛かったです。

出産前には血圧も高く、蛋白も糖も毎回プラスで、妊娠高血圧症候群になっていました。

予定日1週間をこえても産まれてこず、血圧が150以上になってしまったので「ん〜このままだと赤ちゃんに影響出ちゃう危険性があるから、今日産もっか」と言われ、そのまま入院して陣痛誘発剤で出産しました。

先生にいつも「減塩してね、安静にね」と言われていました。今思うと体は酷い状態でしたが、最後の最後まで入院もせずに済んだので、まだ軽症だったんでしょうね。

 



2人目の時にも中期から後期までは妊娠高血圧症候群になっていました。

体重は相変わらず増える一方で、食事の塩分や糖を減らすよう気をつけても、蛋白はプラスになっていました。食生活も生活リズムも健康的なのに、妊娠すると下半身だけ太りやすい体質になってしまうようです。

そして迎えた3人目。この3人目の時は唯一かかりませんでした。

妊娠中期になった頃、冬だったのでむくみ防止にお風呂に浸かることにしましました。実は私もともとお風呂に浸かることが好きではなく、冬でもシャワーだけで済ませていたタイプです。

結局、お風呂に浸かることでむくみに悩まされることはなくなりました。

お風呂につかったことと直接関係はないと思いますが、血圧も蛋白、糖も正常のまま無事出産する事ができました。

 



妊娠高血圧症候群になると、動く事が本当に辛くなってしまいます。

妊娠期間は貴重な経験なので、心いくまで楽しみたかったのですが、それもできなくなってしまいますし、なにより赤ちゃんも心配ですよね。

1人目のときからむくみ対策をするなど、ならないよう予防の仕方を学んでおくべきだったと思っています。

 

f:id:akasuguope01:20170729100217j:plain

著者:み_1
年齢:33歳
子どもの年齢:0歳、3歳、5歳

育休中の3児のママです。普段は医療事務の仕事をしています。一番下が産まれてからは毎日バタバタして時間との戦いです。上の子たちが男の子で、毎日泥棒に入られたような部屋になってしまって、片付けに苦戦しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。