ゼクシィBaby みんなの体験記


思いやりのバトン

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

ドラッグストアの店長を任されて早数年、この仕事を選んだのも患者さんに日々寄り添い、健康相談等を通して生活の質を良くして欲しいという気持ちからでした。

しかし現実は患者さんの事よりも、売り上げ、利益。いかに患者さんから利益を採取出来るか、その為には大して必要もない商品をごり押しして購入してもらう。その繰り返しで予算が達成出来れば優秀だねと、達成できなければやる気がないと、常に言われ続けて来ました。

当初の理想は打ち砕かれ、自分自身も店長でありながら仕事にやりがいを見出せず、ただ課されたノルマだけをこなす中で妊娠が発覚しました。

 

正直、「このまま出産と同時に退職しても良いかな」と思って居ました。

ですが、日々大きくなるお腹に気がついた患者さん達の暖かいお言葉、心遣い、中にはお弁当を作って来てくれる患者さんや、得意の編み物で腹巻やチョッキを作って来てくれる方も居ました。

正直申し訳ない気持ちでいっぱいでした。今までの自分は会社の利益のためだけに患者さんと接して来ました。買いたくもないだろう物を買わせた事もあります。

それにも関わらずこんな自分を信頼し、何度も来店しては健康相談を持ちかけてくれたり、こうして妊婦の自分を気遣ってくれる。

本当に驚きました。感謝の気持ちでいっぱいです。

 

一時は退職を考えましたが、おかげで復帰してまた頑張ろうと思わせてくれました。

復帰したらまた恩返しが出来るように、また勉強に励みたいと思います。

長々と読んでいただきありがとうございます。

著者:ゆき

薬局に勤めていますが産休中です。

6歳の娘と7月に誕生する息子に囲まれて幸せです。

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。