赤すぐみんなの体験記


出産予定日間際に肋骨骨折。咳をするだけでも泣けるほど痛いのに、陣痛がきてしまったーー! by ゆき

妊娠も30週を過ぎ、いよいよお腹もパンパンに膨らみました!

気を付けてはいましたが、子供の風邪が私に感染してしまいました。

f:id:akasuguedi:20171006085514j:plain

がひどくなり、妊婦用にと処方された薬の効き目がイマイチで、は散々長引いていました。

そして妊娠34週頃車の運転中に

f:id:akasuguedi:20171006085541j:plain

車内でひどくき込み、マンガのような音が体内に響きました!

「ボキッ!」息が出来ない!

運転が出来ない!動けない!

命がけで車を路肩に寄せ、パニックになりながら、夫に病院に運んで貰えるよう電話をしました。

f:id:akasuguedi:20171006085623j:plain

呼吸で肺が膨らむ事も、車が揺れる事も、治らないも、悶絶するような痛さでした。
病院に着くと、救急外来のドクターが触診して言いました。

f:id:akasuguedi:20171006085645j:plain

折れていようが、折れていまいが、
私にはどちらでも良かったのです。
痛みさえどうにかなれば

救急外来で言われたのは「安静以外に出来る事はない」でした。

ちなみに、痛み止は処方してくれましたが「ここぞと言うとき以外の服用は避けて下さいね。陣痛を遅らせる作用があるので、陣痛の時は飲まないで下さい。」と言われました。

陣痛以外の「ここぞという時」っていつなの!?

呼吸すら痛くて思うように出来ない中、「耐えるだけ」との診察を受けた私は、帰路で夫いわく「哀れで声も掛けられない」ほど落ち込んで涙涙の帰り道になりました。

f:id:akasuguedi:20171006085741j:plain

そして次の妊婦検診時に、「無痛分娩」をして欲しいと、藁をも掴む気持ちでお願いしてみましたが結果はNO

f:id:akasuguedi:20171006085838j:plain

「生命の危機」肋骨骨折では生命に危機はないのかも知れませんが、

先生!心が危機です!
絶望的な気分です!

そして治療に集中して、祈るように安静の日々を過ごしていた、妊娠36

f:id:akasuguedi:20171006085812j:plain
まさかの2本目が折れました!

今回も、号泣しながらすぐ病院へ。
「2本も折れてたら、さすがに無痛分娩も考えてくれるだろう」
なんて期待してましたが答えはNO

厳しい!

出産予定日まであと1ヶ月。
何としても治さなくては!

f:id:akasuguedi:20171006085945j:plain

祈りもむなしく、予定日まで後2週間というところで、陣痛が来てしまいました。

最初に折れた骨の痛みは落ち着いていましたが、2本目の肋骨はまだ身体を起こすのも苦戦する痛みで、長引くが肋骨を軋ませるたび泣きました。

陣痛が来たら、肋骨の痛みはきっと忘れてしまうわよ」と先生が言った台詞を思い出し、震えながら出産に挑むことになりました。

>>次回エピソード:「貸しましょう、my股!」私の最後の出産に、娘の人生の第一歩に…後悔しないよう選んだこと by ゆき

 

f:id:akasuguedi:20170527143451j:plain

著者:ゆき
年齢:アラフォー
子どもの年齢:13歳・4歳・2歳

福井県の山の中で、ツンデレ三姉妹の母をしています。お洒落にも丁寧にも暮らせない、へっぽこワーキングマザーです。

インスタグラム:u.mamato

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。