ゼクシィBaby みんなの体験記


戌の日にもらった安産御守。中に入っている藁の節で赤ちゃんの性別が!?

f:id:akasuguedi:20171013024626j:plain

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/akasugu/20160829/20160829164102.png

 
私は32歳にして初めて子どもを授かりました。
私・相方両家にとって、初孫となる子ども。喜びを一緒に味わいたいということで、戌の日のお参りは、両家揃って、京都の安産祈願で有名なに行くことにしました。
 
私は妊娠5か月、そろそろお腹も目立ち始めた頃でした。
その年は、例年になく早く寒くなり、家で過ごすとき、すでに石油ファンヒーターのお世話になるほどの気温。
お参り当日の日も底冷えしていたので、冬用のダウンコートを着込んでいきました。
 
神社に着き、社務所でご祈祷の受付を…と思っていたら、今はわかりませんが、当時はこの神社では直接ご祈祷はしていないとのことでした。
社務所ですでにご祈祷済みの安産御守や安産腹帯、もしくは、それらがセットになっているものを頂く(買う)ことで、安産祈願になるそうです。
 
 
その安産御守の中には、小さな白い筒型の封筒が入っています。その中に藁が1本入っていて、その藁に節がある場合は赤ちゃんの性別は男の子、節がない場合赤ちゃんは女の子という言い伝えがありました。
 
 
私は腹帯のついたお高い方のセットを頂きました。
 
寒い日にも関わらず、境内にはお腹の大きい安産祈願の人が、たくさんいました。みな、同じようにセットを頂き、その場で藁の節を確認していて、にぎやかです。
 
私たちも、さっそく開封。出てきた藁は、藁の先端に節がありました!
「お~男の子かあ~」と家族と共に大盛り上がりしました。
特に盛り上がったのは父親たちだったような(笑)。
 
帰宅してから、その藁を手製のお守り袋に入れ、ゴムひもでお腹に巻き付けて肌身離さず持つようにしていました。
 
そして妊娠6か月が過ぎたある日の検診日。主治医が「性別、どっちか、聞く?」と言って下さいました。
「嬉しい!私は男の子だよね~」と思いつつ、先生が差し示すモニターを凝視していました。
「う~ん、これ、子宮かな。つくもの、ついてないし(笑)たぶん、女の子やで」と(笑)。
 
「あららら、藁には節があったのに?女の子だったの?」とびっくり。
それを家族に伝えると、私同様の感想が返ってきました。
 
 
どちらにせよ、かわいい我が子には違いありません。お参りの日以降、男の子用の赤ちゃん服ばかり気にしていた私は、その日から女の子用を探し始めました。
 
 
結局、正産期に入ってすぐに、長女は生まれました。これが、また安産とはほど遠いもので、1日半も微弱陣痛に苦しみ、「母体が持たないだろうから…」と、最後は陣痛促進剤を使っての出産となってしまいました。
 
それでも子どもは、元気に出てきてくれたので、お参りの効果はあったかなと思うようにしています。
 

f:id:akasuguope01:20170722220138j:plain

著者:てんこ
年齢:46歳
子どもの年齢:3歳、7歳、12歳

3人の子ども(女・男・男)をもつアラフィフシングルマザー。次男はダウン症です。長女から長男の間に流産を4回経験。不育症でした。次男の合併症が落ち着き、家族としてもこれからというときになって、元夫から調停離婚を申し込まれ、不利な条件でしたが、3人の子どもだけは死守。現在は子どもたちと1匹のパピヨンと共にのらりくらり暮らしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。