赤すぐみんなの体験記


妊娠時の仕事は無理は禁物

派遣社員として働いていました。

男女比率は3:7くらいです。職場は私以外は正社員の方のみで、結婚されている方はいましたが、ママはまだいませんでした。

職場は海外に本社がある生地メーカーで、カーテンなどの生地を販売していました。私の仕事はサンプルの整理でした。座り仕事と立ったり・座ったりの繰り返しです。

一日の作業量(ノルマ)が決まっていて、その日のうちに終わらせなければならず、それが大変でした。

 

妊娠がわかってから、すぐには報告しませんでした。「安定期に入ってから」と思っていました。体調が悪い日もありましたが、生理が少し重いくらいだったので仕事に支障はなかったからです。

ある日、膨大な作業をこなさなければならず、すごく神経を使って集中して作業した日がありました。私の直の上司(女性)は根は悪くないのですが、なんでもはっきり言う方でキツイと言えばキツイ(笑)。その日のうちに終わらせなければ!とかなり気を張っていました。なんとか無事に作業を終え、帰宅した夜に急に出血しました。

 

病院に行くと切迫流産しそうで、自宅安静と言われました。仕事は休むか辞めるか…と先生に告げられ、迷ったあげく派遣会社の方に相談して退職しました。まだ契約期間は残っていたのですが、事情が事情なので職場も理解してくれました。電話で挨拶をすませ、その後2ヶ月くらい自宅安静になりました。

 

その時に思ったのは「なぜ、あの時無理をしてしまったのか」と言うことです。その後、流産はしませんでしたが、やはり後悔しました。妊娠時の体調はいつ変化するかわかりません。また、精神的なストレスも相当影響すると思います。

先生にも言われましたが、「仕事と子ども、どっちが大事ですか?」ということです。

仕事を続けたいと思うなら、「もう少ししてから」ではなく、早め早めに対策を取る必要があります。早すぎることはないと思います。

著者:ウニ子

9歳と5歳の2児のママです。長男の妊娠時には切迫流産しかけ、出産は早産でした。現在は派遣社員として働いています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。