赤すぐみんなの体験記


「うまくいくかも。いや、またダメだったら…」“気にしすぎ”エンドレスリピートは止まらない!byりーぬ

2015年10月に第一子となる息子を出産し、日々ドタバタ子育てに奮闘している新米ママ、りーぬと申します。

今回は、不妊治療の期間が長くなるにつれ、どんどんと深みにはまっていった悩みのひとつ。「気にしすぎ」についてお話します。

f:id:akasuguedi:20170922230017j:plain

f:id:akasuguedi:20170922230102j:plain

f:id:akasuguedi:20170922230113j:plain

f:id:akasuguedi:20170922230127j:plain

f:id:akasuguedi:20170922230138j:plain

f:id:akasuguedi:20170922230153j:plain

f:id:akasuguedi:20170922230205j:plain

私の性格上、不妊治療中はどうしても

「今周期こそうまくいって欲しい」

「果たしてうまくいくかどうか…」

「またダメだったら…」

と、色々考えてしまいました。

 

さらに、「気にしすぎると良くない」と聞くことで、『気にしたらダメなのに気にしてしまう』という新たな心の負担ができてしまったのです。

 

もちろん、あまり気に病まずに、リラックスして治療を続けられることが理想ですが、私はある程度の感情の浮き沈みは、もう仕方ないとあきらめました。

そして夫に、感情の浮き沈みが激しいのはもうどうしようもないから、どうか受け止めてくれと頼みました。

 

私にとっては、「気にしたらダメ」「気楽に」という言葉にとらわれず、ありのままの自分を自分で責めないでいてあげることが大事だったように思います。

 

f:id:akasuguedi:20170614143656j:plain

著者:りーぬ
年齢:30代
息子:1歳
2015年10月に第一子である息子を出産。初めての子育てに、毎日ドタバタ奮闘しております!大変なことを上げればキリがありませんが、せっかくなら楽しくやろう!とだいたい笑って生きています^^。インスタグラムにてゆるりと育児絵日記(@tky_rinu)を更新しております!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。