ゼクシィBaby みんなの体験記


マタニティモードにした時の喜びはひとしお!妊活中も妊娠中も心強いアプリ

f:id:akasuguope01:20170723065555j:plain

私は妊娠する前から、毎月の生理周期の管理にアプリを使用していました。そして、妊娠を望むようになってからは、排卵日のチェックや基礎体温の管理にも役立てるようになりました。

妊娠するまでに数年の長い時間を要しましたので、アプリとも長いお付き合いとなりました。毎月基礎体温のグラフとにらめっこをして、生理が来てしまって生理日を登録する日は辛いものがありましたが、自己管理をするだけでなく、アプリ内で同じような悩みを持った人の相談や、妊娠のためのコラムを読むことが出来るなど、励まされたことや学んだこともたくさんありました。

そして、自分の排卵日が自分でわかるようになったのは大きな収穫だったと思います。

 

妊娠がわかって、アプリをマタニティモードに切り替えることができた時の喜びはひとしおでした。病院に行く前に簡単に出産予定日がわかりますから、出産の頃のイメージがわきやすくなります。

マタニティモードでは、毎週週数ごとに表示内容が切り替わり、今の赤ちゃんの大きさや注意すべき点などが明確にわかったので、毎週週数が増えていくのが本当に楽しみになっていきました。

 

胎動のない妊娠初期は何かと不安になるものです。特に、私は幸いにもつわりがほぼなかったので、逆にそれで本当に赤ちゃんがお腹の中で元気にしているのだろうかと不安になったものでした。

そんな時にはアプリで赤ちゃんの状況を確認し、自分を安心させていました。

また、妊娠の週数や日数というのは数えにくいものですので、アプリを見れば今日が何週何日なのかが一目瞭然で、17週目に入った時はやっと安定期だ!と喜んだのをとてもよく記憶しています。そして先の週数のページを先に読んでしまって、これからどのようになっていくのかなども調べたこともありました。

 

妊娠の症状は人それぞれですので、もちろん自分に当てはまらないことも多いのですが、妊婦健診はそうしょっちゅうあるわけではありませんし、いつもそばでアドバイスをくれる非常にありがたい存在でした。

 

妊娠後期ともなるとお腹も大きくなり、人によっては色々な症状が現れることもあります。もちろん産婦人科の先生に聞くに越したことはありませんが、まずはアプリの記事で確認ができるのはありがたいものでした。

また、出産が近くなると赤ちゃんの体重も気になり始めます。平均的な体重がわかることで自分の食生活や活動を見直すきっかけともなりました。

 

無事出産を終えて、マタニティモードを解除するのは少し寂しい気がしましたが、今度は生理の再開までをきちんと測ることができ、これもまた良かったと思います。現在も第2子妊娠に向けて、まだまだアプリにお世話になっているところです。こんな便利なものがある時代に生まれてよかったなぁと思います。

f:id:akasuguope01:20170723065710j:plain

著者:kotakota
年齢:37歳
子どもの年齢:3歳

現在3歳になったばかりの娘の子育てに奮闘中です。私の妊娠から出産、子育てのエピソードがどなたかのお役に立てばいいな、と思っています。どうぞよろしくお願い致します。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。