赤すぐみんなの体験記


私がもらって嬉しかった、困った出産祝いを紹介します 〜2人目以降編〜

f:id:akasuguope01:20170224012236j:plain

 

初めての出産とは違い、2人目以降の出産はある程度の赤ちゃん用具は揃っているもの。

そのため、出産祝いのプレゼントはせっかく貰ったのに既に持っているおくるみや肌着などが多々被ってしまって、「違うのが欲しかったなぁ」と思ったのが本音でした。

私が2人目を出産して嬉しかったプレゼントと困ったプレゼントの体験談をお話します。


もらって嬉しかったものは、ずばりお金や商品券。

お金や商品券は、無駄なく自分の好みの洋服や必要なものを購入できます。買ったものを赤ちゃんが使っている写メを送って、「この前頂いたお金でこれを購入しました。ありがとう!」とメッセージを送ると、どちらも気持ちがいいですよね。

 

次に嬉しかったのは、絶対必要な消耗品です。

おしりふきやオムツはもちろんですが、ミルクを飲んでるという情報があればミルクでも嬉しいと思います。 ただし、オムツはサイズ、ミルクは賞味期限などの問題があるため、適度な量が大事かと思いました。

オムツに関しては、小さいサイズは買ってある可能性が高いため、ワンサイズ上などの少し大きめなサイズが重宝しました。

 

 


次にもらって困ったものを紹介します。

困った出産祝いは、衣類、タオル類、おもちゃなどです。

2人目以降の出産の場合は、衣類もタオル類もおもちゃも一式あります。

私の場合は男の子兄弟でした。ただでさえ、1人目の出産後は可愛い子どもについつい衣類も買ってしまいがちです。

ですので、お下がりであふれているタンスが出産祝いにいただいたお洋服でさらに溢れ、さらに私好みの衣類でなければタンスの肥やしになってしまいました。

 

タオルも同様に、おくるみやガーゼ、タオルケットなどもあるので、もらっても正直使いませんでした。

おもちゃもすぐ子どもは飽きてしまうので、どんどんお兄ちゃんのおもちゃが溢れてしまい、2番目はお下がりで事足りることが多いです。

 

 
1人目の出産の時は、洋服や育児グッズが嬉しかったのに、2人目の出産でもらう嬉しかった、困ったプレゼントは違うんだなと実際にもらって見て思いました。

プレゼントをいただけることはとてもありがたいことですが、どうせならフル活動できるプレゼントをいただいた方がもらった方もあげた方も嬉しいと思います。

 

プレゼントの際は、初めての出産か2回目以降の出産かで、選ぶポイントをちょっと変えてみるといいのかもしれません。

 

 

f:id:akasuguope01:20170223234510j:plain

著者:かな6
年齢:28歳
子どもの年齢:0歳と6歳

こんにちわ。0歳と6歳の男の子の母親です。毎日やんちゃな息子たちと葛藤しながら、楽しんで子育てをしています。ときどき、辛くなる子育ても息子たちの笑顔で吹っ飛びます。私の体験が1人でも多くの人に共感してもらえたら嬉しいです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。