ゼクシィBaby みんなの体験記


痔デビュー

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

36週に入ったある日、お尻に違和感が。。。

通常、すこぶる快腸な私は1日1回以上というペースで大きい方を出していましたが、妊娠してからペースが狂うようになり、ビオフェルミンやビオスリーを処方してもらって過ごしていました。

トイレで踏ん張る、というのも度を越してない程度だと思ってたのに!そんな私が、まさかの??

恐る恐るお尻に手を伸ばすと、プリンとした触感とヒリヒリとした痛みが。これがいぼというものかしらと思いながら、症状がおさまることを祈ってそのまま放置。

お風呂の椅子に座ると直接当たってとても辛かったので、立ったままシャンプーしてました。

里帰り出産のために実家に帰省中なのですが、その週末は3週間ぶりに夫が会いにきてくれるというタイミング!出来ることなら知られることなく過ごしたいと思っていましたが、金曜の夜、お尻が痛くて全く寝付けない!!寝られない中、スマホで必死に「妊娠 」と検索し、血走る目で体験談やらを読み漁ってました。

 

そしてついに肛門科の門を叩くことを決意。近所で土曜もやっている病院を探し、夫や両親にどう打ち明けようかと悩みつつ、まどろむこと少々。朝イチの飛行機に乗る夫のために、4時半にモーニングコールをかけました。

私「おはよう、起きてる?毎日疲れてるところ、会いにきてくれるのありがとうね^_^ ところでさ。。。」

私「お恥ずかしい話なんですが、、、、、」

私「に、なっちゃったみたい、、、てへ」

夫「絶句、、、」のち爆笑。

ということで無事告白を済ませ、夫を実家に放置しながら私は肛門科へ出向く、という段取りに。

朝いつもより早く起き、両親へ「になっちゃったよう!痛くて眠れなかったよう!今日は肛門科に連れてって!もうお医者さんは調べてるから!」と告白。

夫の迎え→実家に戻る→肛門科へ、というルートの中、父が運転する助手席で常に斜め座りの私を、父も夫も苦笑しながら受け入れてくれました。私も開き直って「いてて、当たるとつらいんだよー」と泣き言を言い、笑いにすることで気が楽になりました。

さて、人生初の肛門科ですが、私の行ったところは内科・消化器科・循環器科・外科・肛門科と幅広い個人病院。問診票の症状のところへ『が痛くて眠れない』と書き記して提出。受付のお姉さんから哀れみの眼差しを受けた気がしつつ、待合室で斜め座りしながら待つこと少々、診察室へ呼ばれました。

妊娠なのでパンツを降ろすことに対抗がなくなってきていましたが、お尻を見られることは初めてなのでちょっと緊張!どんなポーズをするのかと思いきや、壁を向いて横向きに寝てね?とのこと。痛くて眠れないんだねぇ、困ったねぇ、見せてねー、と言われた次の瞬間、先生がグググっ!!!と押し込む押し込む!

私「ギャァー!!!痛てててててて!!!!!」

先生「ごめんね、頑張れー」

私「いたぁい!ぎゃー!!!!」

というやりとりの中、出ていたいぼを肛門に収納、かつ座薬を入れられて処置終了。

先生の話では、いぼが出たままだと、肛門が締まる度にさらにうっ血して悪化してしまうとのこと。なので無理矢理でも押し込むことが大事だそうな。

座薬と軟膏、かつ便を柔らかくする薬を1週間分処方され、また1週間後に来てくださいと言われました。座薬と軟膏にはステロイドが入っていましたが、もう臨月なので、短期間なら赤ちゃんへの影響もないでしょうということでした。

気になったのが、トイレに行ったらまた出て来ちゃうのでは?ということ。自分で押し込んだ方がいいですか?と聞くと、自分で出来るならそうだけど、近所なんだからもし出て来たらまた気軽に来てくださいと言われました。

会計待ちの間、夫に『押し込んでもらいました(いいねの絵文字)』とラインすると、『またすぐ飛び出さないようにね^_^』と来ました。『笑えないけど笑える(泣き笑いの絵文字)笑』と返信し、帰宅。

ところでですが、押し込まれたいぼは、1日と待たず、その夜にはポッコリと復活していました。仕方がないので、軟膏を片手に自分で四苦八苦しながら押し込みました。はぁはぁ言いつつお風呂から上がり、「出て来てたから押し込んだよ。もう痛いのなんの。疲れた!」と言うと、夫は爆笑、父は「あーもう、娘からそんな事聞きたくなかった!」と苦笑。を笑いにできる家族で良かったです。

いまはまだ1週間経っておらず治療中なのですが、朝と夜は出て来たいぼを押し込む毎日です。だんだん小さくなってきた気がするのと、押し込むのにも慣れてきました。笑

友達にはまだなかなか話す気にはなれませんが、家族へのカミングアウトと、笑いに変えることの大事さを学んだ気がします。

この体験談が、もしどなたかの気持ちを楽にできれば幸いです^_^

著者:お尻痛い

現在37週で第一子を妊娠中。里帰り出産のため、実家でのんびりしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。