赤すぐみんなの体験記


「新しいパートナーとの間に子どもが欲しい!」そう思った私がまず起こした行動とは

f:id:akasuguope01:20170319111135j:plain

現在生後6か月の男の子のママです。

実はこの子を妊娠するのに1年半不妊治療をしていました。

私は原因不明の不妊でした。普通、不妊となかなかわからず、クリニック通いに至るまで時間がかかる方も多いのですが、私はすぐに通院が必要だとわかりました。

それは、今の旦那が2人目のパートナーだからです。私は23歳の時1人目を出産。3年おきにもう2人、女の子ばかり3人出産しました。その子たちの父親とは金銭感覚の不一致で、3人目が1歳になる前に離婚。

 

3年後に今の旦那と知り合い、結婚しました。

 

前の旦那とは、夫婦生活の頻度も大して多くなかったのですが、3人ともすんなり妊娠。今の旦那とは子づくりをしようと毎週頑張っても全くできない。そんな状況があったので私は早めの受診を決めたのです。

 

後からネットで調べると、パートナーが変わると妊娠する確率も変わるという情報も。私自身も仕事と育児で体が衰え、卵子の状態が悪くなっているのでは…などと、いろいろ考えもしましたが、やはり1番は旦那が私より12歳年上の当時43歳だったことが気になっていました。

 

旦那に男性機能の低下はありませんでしたし、前の奥さんとの間に男の子が1人います。子づくりにも心で、「子どもが欲しい」と強く思っていました。

ですが「疲れた」「だるい」という言葉が生活の端々にあったし、年々風邪をひきやすくなっていたりと、寄る年波による意欲と体力の低下は顕著でした。

 

本人はそれがわかっているのに、特にこれと言って体力作りもせず、休日は家でゴロゴロといった感じ。子どもは「そのうち出来るだろう」というスタンスでした。

旦那はプライドが高いタイプだったので、私もなかなか不妊じゃないかと旦那に言い出せませんでした。

 

でも35歳までに産みたいと思っていたので、思い切って私1人で不妊治療を始めることにしました。

 

 

血液検査や子宮年齢検査と様々な検査をクリアし、通い始め3か月目に、旦那の精子の検査をすすめられました。

 

夜、子どもが寝てから旦那に一部始終を話します。

不妊治療をしていたことを話すと開口一番「どうして黙って行ったんや」と言いました。自分に相談もなく始めたことに、旦那は怒り心頭の様子。

言い出しにくかったことを正直に話し、勢いついでにクリニックから精子検査をすすめられていることも話しました。

でも「俺が悪いん?」と、ご立腹。その日は話し合いになりませんでした。

 

後日機嫌のよさそうなところを狙って、「悪くないことを証明する意味でも、1回一緒に行ってみようよ」と明るく話すと「うん、いいよ」と、あっさり承諾。

早速精子検査に行くことになりました。

 

結果が悪かったら何て言うだろう。

また機嫌を悪くして「もうこんな屈辱味わいたくない!」と怒って、不妊治療に協力してくれないんじゃないかと、結果待ちまで不安でした。

ですがその心配は取り越し苦労で、旦那の精子検査は合格ライン。旦那は「よかった~」と満足そうでした。

 

 

それからクリニックに一緒に通うようになってからもなかなか妊娠せず…。

旦那をなだめすかしたりほめてやる気を出させたりと精神的に苦労しました。

その甲斐あって結果妊娠に至る事が出来、本当に良かったと思います。

 

f:id:akasuguope01:20170319110511j:plain

著者:なぎさ
年齢:35歳
子どもの年齢:14歳、13歳、10歳、7歳、6か月

中2の男の子(継子)と中1・小4・小1の3姉妹(実子)、6か月の男の子がいます。ステップファミリー4年目。再婚相手は12歳年上。心のよりどころは3姉妹との月イチの女子会(カラオケ・ランチ・ショッピング)と、お笑い全般。大好物は吉本芸人の漫才。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。