赤すぐみんなの体験記


不妊治療がストレスで諦めようとしていた時に

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

結婚してから3年近くなかなか子どもを授かることができませんでした。

 

元々学生の頃から生理不順やホルモンの数値が低いなど婦人科へ通院していた事もあり、妊娠も難しいだろうと考えていました。

 

仕事もしていたので、通院も難しく悩んでいた時には職場の上司や同僚がシフトを交換したり協力してくれました。

 

多嚢胞性卵巣症候群と診断さていた為、薬や注射で卵子を育てる治療が始まりました。

1回目は反応が見られましたが受精できず、2回目は仕事と通院のストレスもあり反応すらありませんでした。

 

もう次がダメだったら一度休憩しよう…そう考えていた時に、お医者さんから「妊娠してますね」の言葉。驚きと嬉しさでホッとしたのを覚えています。

 

あれから1年、今は元気な子どもと一緒に毎日楽しく過ごしています。