赤すぐみんなの体験記


妊娠29週。バスの揺れでキリキリとした痛みが!カチカチに張ったお腹に冷や汗

f:id:akasuguope01:20170319112228j:plain

私は7年前、3年おきに3回妊娠出産をし、おととしの冬に4回目の妊娠をしました。

以前の出産は、第1子の緊急帝王切開に始まって、3人とも帝王切開で出産。なので4回目の妊娠のエコーで子宮壁が薄くなっている部分が確認でき、子宮破裂という怖い症状の危険を伴ったハイリスク妊娠・出産となりました。

超初期・初期から子宮近辺にひきつるような痛みやキリキリと絞るような痛みが度々あったものの中期後半には落ち着き、長時間立ったり重いものを持ったりしないようにしていれば張りも多くなく、無難に後期を迎えようとしていました。

が、妊娠29週に差し掛かったある日のことです。健診に行こうと、いつものように徒歩で病院まで向かおうと準備していた矢先、玄関先でつまづいて転びそうになり、慌てて壁に手をついてしまったのです。

お腹にピキキッと刺すような痛みが走りました。びっくりして心配になりましたが、すぐ動けたので大丈夫かと判断。ですが、歩いて病院には行けそうはなかったので、自宅から3分程度のバス停まで歩いて行き、病院の前まで着くバスを待ちました。平日の午前中で、もともと利用客の多くない時間帯だったのですが、この日は私の前に5、6人並んでいます。

次のを待とうかとも思ったのですが、早めに病院に着きたかったので、次に来たバスに乗りました。ですが、乗った後もバスは高齢者とその荷物で席が埋まっていて座れず、出入り口のポールにつかまって、それに寄りかかるように立つしかありませんでした。するとふとバスが交差点で急停止。

停止した瞬間、横からググッとお腹に負荷がかかり、さっき痛かったところがもう1度刺すように痛みました。ここからは痛みが引かず、ずっとキリキリと痛み腰や骨盤までじわじわと鈍痛が。冷や汗が出てきて「どうしよう・・・どうしよう・・・」と不安になりましたがもう2、3分で病院に着くというところだったので、ポールにつかまりグッと我慢しました。

降りる頃にはお腹がカチカチに張って動けません。とりあえずガードレールに腰を降ろして呼吸を整えます。痛み始めてから浅い呼吸しかできていなかったのです。視界がチカチカして血圧が上がっていることがわかりました。

5分程度で動けるくらいにはなりました。でも動くと張りと痛みが強くなってまた呼吸が浅くなるので100メートルほどの距離をゆっくりゆっくり時間をかけて何とか受付へ。すぐベッドを使わせてもらう事が出来て、本当に幸運でした。

そのあと診察で事情を説明し、張り止めの薬を処方してもらって帰宅。落ち着いたのは夕方でした。これが長時間乗る電車内での出来事だったらと思うとゾッとします。

今後はバスで座れない場合は、急がず次のバスに乗るか、タクシーを使おうと思いました。

f:id:akasuguope01:20170319110511j:plain

著者:なぎさ
年齢:35歳
子どもの年齢:14歳、13歳、10歳、7歳、6か月

中2の男の子(継子)と中1・小4・小1の3姉妹(実子)、6か月の男の子がいます。ステップファミリー4年目。再婚相手は12歳年上。心のよりどころは3姉妹との月イチの女子会(カラオケ・ランチ・ショッピング)と、お笑い全般。大好物は吉本芸人の漫才。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。