ゼクシィBaby みんなの体験記


後悔はしていない! でも13ヶ月にも及ぶ人工授精は正直大変でした

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

私が人工授精を初めて受けたのは、29歳になったばかりの12月でした。

結婚してからは、3年と数ヶ月経った頃でした。

 

比較的早めの26歳で結婚し、勝手に、20代で親になれると思い込んでいました。

 

結婚当初は、2人の時間が欲しくて、積極的な妊活はしていませんでした。

それに対して後悔はありません。

共働きのだったので、2人で過ごすには十分な収入があり、ゆとりのある楽しい日々を送ることができました。

 

けれど結婚してから月日がたつほど、後から結婚した友達が私より先に妊娠、出産を経験していく様を見て、少しずつ焦りや羨ましさを感じるようになっていきました。

 

自己流のタイミング法を試したのは、結婚2年目の後半くらいからだと思います。でも、結果には結びつきませんでした。

私が不妊治療を視野に入れ始めても、パートナーは検査が嫌で後ろ向き。なかなか不妊治療に踏み切れず、ズルズルと結婚3年目に突入しました。

どうして男性って、検査をあんなに嫌がるんでしょうね。

でも、私の気持ちだけでどうにかなるものでもないので、パートナーの意思を押し曲げてまで先に進もうとも思えなかった自分がいるのも事実です。

 

「パートナーの意思を変えるにはどうすれば?」という悩みを、ネットでもよく見ます。

私たちの場合は、不妊治療スタート直前に、化学流産したことが大きな転機でした。

初めての陽性反応と、胎嚢も見ることなく消えてしまった小さな光。

とても悲しく辛いことでしたが‥

妊娠は奇跡なんだということ、妊娠しても全てがうまくいくわけではないことを突きつけられました。

 

 

でもこの時、まだまだ楽天的だった私たちは、病院にさえ行けばすぐ授かれると思っていました。

 

残念ながら実際はそんなことはありませんでした。

 

フーナーテストで精子がゼロというスタートから始まり、きちんと検査をすると、極端に精子が少なく弱いことが判明。

私の方も、やや黄体機能不全気味のようでした。

 

人工授精のために仕事を休む日も増え、仕事と治療の両立ができないことへのイライラや、パートナーの数値が毎回悪いことの不満、さまざまな想いを抱えました。

 

お互いに思いやれず、衝突することもしばしば。

 

結局、最初の人工授精から13ヶ月、8回の人工授精を経験しました。

本当なら13回人工授精できたのでしょうけど、仕事の都合がどうしてもつかなかった機会が何度かあり、この回数です。

 

8回目ともなると、病院からもステップアップを勧められ、自分としてもどこか諦めの心境になっていた時でした。

 

待ちに待った妊娠。

 

ステップアップをする前に授かれたことは幸運かもしれません。

でも、13ヶ月もの時間と、体外受精1回分以上の費用がかかりました。

そしてなにより、悩んだり衝突したりしながらの13ヶ月だったので、気持ちも疲れるものでした。

けれど、この日々があったからこそ、いまお腹に宿った命を大事にしようと思えるのかもしれません。

 

 

今は心穏やかに妊娠生活を送ることができていますが、費やしたものは少なくなかったと思います。

これを無駄だったとは思いません。

後悔もしません。

 

妊活をする、しない。人工授精をする、体外受精をする。など…

選択肢はいろいろとあります。

 

最良の選択肢を選ぶためには、夫婦でたくさん話し合うことが1番だと思っています。

 

著者:やま

26歳で結婚。29歳から人工授精をスタートし、30歳で妊娠しました。

ギリギリ30歳でママになる予定です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。