赤すぐみんなの体験記


陣痛の痛みがないまま分娩室で夫とふたり。やることがないので…とりあえず、寝ておこう! by たきれい

こんにちは。たきれいです。

『保育園児くもくんの連絡帳』書籍化企画、第3弾です!

今日は、出産&産後すぐ編を紹介をさせていただきます^^

 

f:id:akasuguedi:20170912093319p:plain

その日は昼からお腹が張り過ぎて心配だな~と思っていて、夜に病院へ行って調べてもらったら10分置きに陣痛が来ていると診断されて、そのまま分娩室へ通されました。

でも体感的には陣痛っぽい痛みは感じられず、のんきに過ごしていました。
分娩台とか落ち着いて観察できたのは良い思い出です。

 

f:id:akasuguedi:20170912093358p:plain

私が分娩室に入った事を親族に連絡してから夫がすぐに駆けつけてくれたのですが、何もできることが無かったので、寝て体力を温存しようという事になりました。

この時に病室ではなく分娩台で寝ておいて本当に良かったです。

明け方に突然陣痛がMAXになって動けなくなったので、助産師さんのご判断はさすがだと思いました!

 

f:id:akasuguedi:20170912093447p:plain

ラレオ(兄)に2歳過ぎまで母乳をあげていたので、まぁ今回も大丈夫だろうと思っていたら、ベテラン助産師さんもお手上げになるほど哺乳拒否でした。

体重もどんどん減ってしまい、活気不良と診断されてNICU(赤ちゃん用の集中治療室)へ入院になりました。

 

数日後、くもは元気になって退院できました。

保育園から戻ってきて、家に赤ちゃんが居るのにびっくりしたユイポン(当時5歳、年長組)・ラレオ(当時3歳、年少組)ですが、

f:id:akasuguedi:20170912093533j:plain早速だっこして可愛がってくれたユイポンと、
色々な複雑な想いを抱えて精いっぱい気を遣ってくれたラレオです^^

f:id:akasuguedi:20170829063554j:plain

保育園児くもくんの連絡帳!』(KADOKAWA)

保育園に提出する「連絡帳」をイラストで描いた、主人公「くもくん」のやんちゃでかわいい仕草に癒されるコミックエッセイ。
毎日の連絡帳…。何を書いたらよいか、どう書いたら伝わるか、書くの大変…と思うことがありますよね。そんな時に参考になるこの1冊。家庭でのおもしろエピソードや行動をイラストにして、楽しくかわいく伝えています。また、連絡帳のほかに、登場する家族の紹介や、くもくんが生まれたエピソードなど、新規描きおろしの4コママンガもたっぷり掲載。ママもパパも保育士さんも必見です!

f:id:akasuguedi:20170214153549j:plain

著者:たきれい
年齢:30代
子どもの年齢:小3(8歳)・小1(6歳)・3歳

育児のモットーは、みんな違ってみんないい、です^^
ホームページ:たきれいのホームページ
インスタグラム:
@takirei2

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。