赤すぐみんなの体験記


初産婦はお腹が大きくなるのが遅いと聞いていたのに!私のお腹、でかすぎない?

f:id:akasuguope01:20170225160725j:plain

一人目の妊娠の時、安定期に入るまでは周囲に隠しておこうとお腹の目立たない服装をしていました。

「お腹を隠すと赤ちゃんも隠れるようになるからお腹があまり出てこない。隠さなくなるとどんどんお腹は大きくなる」と昔からよく言うもんだよと祖母に言われていましたが、まったくそんな気配はなく、初期から隠しようがないほどにお腹が大きくなりました。

検診時に助産師さんに、こんなに順調にお腹が大きくなって良いものなのかを尋ねると、初産婦は子宮が初めて伸びるからそんなに急に大きくなることは少ないと言われました。

母子手帳に記載されている腹囲の欄を見ると、16週で89㎝となっています。妊娠前より確実に20㎝は大きくなっているのです。

赤ちゃんは毎回エコーでは標準ピッタリサイズ。赤ちゃんが大きいからお腹が大きいわけではないのです。羊水過多なんて言われたことも一回もありません。

再度助産師さんに尋ねると体重の増加のせいもあるかもしれないが、細胞の伸縮性が良い体質なのかもしれないね、とのこと。26週で93㎝になった腹囲は下に落ちたものを拾うことが大変だと思うほどになっていました。

34週の時に101㎝までなったお腹は妊娠線がバリバリと入り、とてもじゃないですが自分で見るのが嫌になってしまうほどのものでした。

細胞の伸縮性がいいなら妊娠線もできずらいはずでは?と悲しみながらも初産婦がお腹が大きくなるスピードがゆっくりだというのは迷信だったんだと思いました。

 

しかし、そこからぴたりと腹囲はかわらなくなります。出産する1週間前の39週でも101㎝。その間も体重は増え続けていたので、体重増加によってお腹が出ていたわけではなかったんだと思いました。

1m超えした私のお腹は狭い道で人とすれ違う時なんかは本当に不便。家の中でもよく旦那にぶつけて歩いていました。電車に乗る時も、普通の席座ると隣の人にぶつかることがあるために、座るときは優先席に座らせてもらいなるべく邪魔にならないところでお腹を壁側にして立っていることが多かったです。


一人目の妊娠の時はこのような感じでしたが、二人目、三人目の妊娠時も、16週くらいまでが腹囲に一番大きな変化があり、その後は緩やかに大きくなっていきました。

きっと私は最初にお腹が大きくなって赤ちゃんのスペースを先に作ってしまう体質なんだろうなと思いました。

f:id:akasuguope01:20170224003803j:plain

著者:雨乃日 晴太郎
年齢:27歳
子どもの年齢:3歳、2歳、5か月

年子姉妹と末っ子長男を育児中の専業主婦。普段、旦那は変則勤務のためほぼ一人で三児と戦っています。趣味はサッカー。学生時代はプレーヤーでしたが、現在はJリーグ観戦がストレス解消の一つです。子供達にもサッカーをやらせたいなぁと目論んでいます。料理もストレス解消と節約のために創意と工夫で日々研究しています!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。