ゼクシィBaby みんなの体験記


アトピー児のケアをしんどいと感じる自分は未熟者?医師の言葉に涙腺決壊 by うだひろえ

f:id:akasuguedi:20170905185543p:plain

5歳長男、3歳長女、ともにアトピー肌です。

毎日朝晩、塗り薬と保湿剤を塗っています。

 

ガサガサがひどいところには、強めの塗り薬。

ちょっと気になるところには、弱めの塗り薬。

そして肌全体には別で、保湿剤を塗ります。

 

まあ、これが、大変でして。

薬さえきちんと塗れたら、肌の状態はよく、子どもたち本人も痒がることなく快適に過ごせるのですが。

簡単には塗らせてくれない。

寝転がってるだけの赤ちゃん時代は、マッサージも兼ねてやったりして、楽しくもあったのですが。

動くようになってから、これがもう、じっとしてない。

上の子なんて、聞き分けがよくなってきたものの、体が大きくなって薬塗る面積が大きくなったもんだから、1・2分はじっとしてられても、全身塗り終わるまでは、なかなか。

 

ああもう、めんどくさい!!と、適当に塗って終わりにしちゃったら。

痒くて掻きむしって、つらそうな子どもたち、私たち親も、さすって、冷やして、洗ってまた薬を塗って……。

なんてことになることが、わかってるので、追いかけながらも薬を塗る日々。

 

そんな毎日ですが、かかりつけドクターには、肌の状態を見てもらうたびに、「キレイになったねえ!」と言ってもらえます。

毎日の育児に不安を抱える中、ほっと胸をなでおろす瞬間です。

 

「薬塗るの大変だったでしょう」

「ええまあ(笑)、じっとしててくれないし、ウチの夫なんて、全家事育児の中で『風呂上がりの子どもたちの薬塗り』が一番しんどいって言ってます(笑)」

 

なんて話をしましたらば。

「……そっか」

ドクター、なにやら考えて、PCをカチカチしつつ。

「そしたらね、おかあさんね。保湿スプレーと、あと塗り薬は保湿剤と混ぜたやつにして、出しとくでね。スプレーはシュッとかけてささっと広げればいいし、塗り薬と保湿剤別々で塗らんでよくなるでね。この肌の状態なら、それでいけるで」

横にいた看護師さんが、保湿スプレーのサンプルを私の手にシュッとしてくれました。

確かにこれなら、背中など広い範囲にシュシュっとやれて、ラク!

 

「これは助かります……!」

感動している私に、ドクターがかけてくれた言葉。

 

「大変なもんは減らさにゃ!少しでも楽できるならせにゃぁ!ね!!」

 

私。

それ言われて、涙腺決壊しました。

 

育児が大変なのは当たり前、それをしんどいと感じる方が未熟」なんて風に、思っていた節がありました。

だから、大変だろうとなんだろうと、やるしかない!と頑張って、結果を褒めてもらえてやっと、ほっとして。

「大変なものを、減らす」なんて、とても言えない、私なんかが望んではいけないものだ、とまで、思っていた部分がありました。

 

そこに、ドクターの先の言葉。

子どもや他の親御さんの手前、あんまり泣いてるわけにはいかなかったですが……救われました。

 

当たり前だなんて思わずに、大変なこと、伝えていけたら。

もしかしたら、私には思いもよらないいい方法を、誰かに授けてもらえるかもしれない。

なんて、思わせてもらいました。

f:id:akasuguope02:20150819072853p:plain

著者:うだひろえ
年齢:アラフォー
子どもの年齢:5歳と3歳

マンガ家/イラストレーター。愛知県生まれ。2008年『夢追い夫婦』(KADOKAWA)でコミックエッセイデビュー。『誰も教えてくれないお金の話』(サンクチュアリ出版/監修:泉正人)が30万部を超えるベストセラーに。5歳男児&3歳女児の子育てに奔走する生活を、ツイッターやブログで垂れ 流し中。

website:http://umeyon.net
最新刊:「伝えるチカラを身につけたらダメ旦那が稼げる男になりました」

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。