ゼクシィBaby みんなの体験記


順調だったはずの妊婦生活がガラリと変わった瞬間。32週の妊婦健診で緊急入院が決定!

f:id:akasuguope01:20170223213602j:plain

第一子妊娠中、私はつわりもほとんどなく快適な妊婦生活を過ごしていました。
初めての妊娠でお腹の張りがどういうものかも分かっておらず、体調がよかったので妊娠後期になるまで毎日動き回って妊娠前と変わらない生活を楽しんでいました。

32週の妊婦検診の日。いつもはお腹のエコーだけだったのですが、翌日友人の結婚式のため新幹線で遠出する予定だったので、先生に確認したところ、内診をしてみましょうということで診てもらいました。
そこから私の順調だったはずの妊婦生活がガラリと変わったのです。
 
「子宮頸管が7㎜しかありません。このまま即入院してください」と先生に言われ、私はなんのことかさっぱり分からず不安に襲われました。
普通なら臨月になるまで4㎝程あるはずの子宮頸管が1㎝をきっているため早産になる可能性が高いとのことで、その瞬間から車いすで病室まで運ばれすぐにお腹の張り止めの点滴をされ、お風呂とトイレ以外は寝たきりの生活が始まりました。

子宮頸管という言葉も知らず、今生まれた場合のリスク説明や入院に際して緊急帝王切開になった場合の手術同意書にサインを求められるなど、頭がついていかず急に怖くなり涙が溢れました。


急な入院のため、もちろん入院準備や出産準備、家のことなど何もしておらず実家も遠かったため、主人にもとても負担をかけました。出産後にいるものは入院中ネットショップでそろえる事ができましたが、面会時間が限られる中仕事と慣れない家事をしながら毎日病室に来てくれた主人には本当に感謝しています。

外出好きの私にとって寝たきりの生活は苦痛でしかなく、さらに毎日の24時間点滴。点滴の針の差し替えにより、注射する場所がなくなる程に両手とも青くなってしまい心身共に辛かったです。
 
そんな中でも同室の同じ状況にいる妊婦さんと励まし合い、正期産の週数までもちこたえられそうとなり、36週に退院する事ができました。
退院してからは普通の生活を送る事ができ、意外にも39週までもっての出産となりました。頸管も短く子宮口も開くのが早かったので出産は陣痛から3時間のスピード安産でした。

切迫早産の入院を経験して、出産は最後まで本当に何があるか分からないと実感しました。辛い事もあった妊婦期間でしたが、我が子が生まれてきてくれてから今まで本当にたくさんの幸せをもらっています。

f:id:akasuguope01:20170223212805j:plain

著者:coco
年齢:28歳
子どもの年齢:2歳

一児の女の子の母で現在第二子妊娠中です。 二歳になる娘はどんどん言葉がでてきて自己主張するようになり、大変なこともたくさんありますが毎日の成長を見られることがとても楽しいです。二人の育児は想像するだけで不安いっぱいですが、家族が増えて姉弟の掛け合いをみるのも楽しみです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。