赤すぐみんなの体験記


妊娠安定期に入ったら職場に報告を…と思っている間に、自宅安静に。ハイリスク妊婦の苦悩 by pika

こんにちは、pikaです。3歳の双子男児を育てています。

双子妊娠中のお話。
今回は、職場や周囲への妊娠報告のお話です。

f:id:akasuguedi:20170829171731p:plain

妊娠10週のある日。産科の初診で「双胎であること」「出血のため安静が必要なこと」をいちどきに伝えられ、その日を境に動けない体となってしまいました

 

それまで大きな症状もなく平穏に過ごしていたのが一変、横になったまま天井を見つめる生活へ。そしてお腹には双子。まさに青天の霹靂…

妊娠8週のエコーで写っていた胎児は1人。

まさか双胎とは思わず、「安定期をすぎたら妊娠報告。時期的にはちょうど年度の終わりまで働けるな~」とのんきに考えていました。

職場にはまだ妊娠を伝えていなかったため大変驚かれ、また突然の休職となり多方面に迷惑をかけることに…。

 

本当に何が起こるかわからないのが妊娠。

せめて直接迷惑をかけてしまう相手にだけでも、早めに妊娠報告をしておけばよかったな、と後から思いました。

その後も中期に入る手前まで出血が止まらず、なかなか復職できない日々が続きました。

f:id:akasuguedi:20170829172113p:plain

復帰のめどが立たず、双胎では長く働けないということもあり。安静中に解雇の連絡が。結局、挨拶にも伺えないまま退職へ…

その後、落ち着いてから挨拶に伺いましたが、「産後、戻っておいでよ~」と優しく声をかけていただき。本当に申し訳なさでいっぱいだったので、救われる気持ちでした。f:id:akasuguedi:20170829172154p:plain

出血がおさまってからも、安定期のないと言われる双胎妊娠

自覚症状がなくても、双胎間輸血症候群など双胎のリスクは健診でしか確認できず、いつ何が起こるかわからない…

悩んだ末、親・兄弟などごく近しい人以外には産後に「実は双子で…」と報告する形となりました。

 

産後の双子報告はサプライズだったようで、これまた別の意味でおさわがせしてしまいました。

f:id:akasuguedi:20170513121857p:plain

著者:pika
子どもの年齢:3歳双子

2014年5月生まれの双子を育てています。産科ではありませんが医療職をしています。「妊活ブログ」・「双胎妊娠ブログ」を経て現在は双子育児4コマ漫画ブログを運営中。

ブログ:「ふたご絵日記

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。