赤すぐみんなの体験記


ピリピリとしたおっぱいの痛みは何!? 病気を疑い焦った妊娠超初期症状

f:id:akasuguope01:20170225105632j:plain

妊娠初期症状と言えば、つわりですよね。私も1人目の時はつわりから始まり、妊娠に気づくことになりました。

しかし、2人目の妊娠の初期症状はなんと、おっぱいの痛みです。 その頃、病気かもと思った私の体験談を紹介したいと思います。

 

なんとなく、左右の脇よりのおっぱいが痛いなぁ。痛みはピリピリとした感じの痛みでした。生理前のおっぱいの張りかな?とも思いましたが、生理前におっぱいが張って痛くなるような症状とは、全く違う痛さでした。

これって一体、、、。

私はおっぱいの痛みを急に感じるようになりました。ひどい時は、寝ている間にピリッとした痛みで起きるほどの痛さでした。

ちょうどその時、芸能人の方の乳ガンが立て続けに公表された時期でもあり、もしかして乳ガンかも?何かの病気かな?っと思うようになりました。でもガンは痛みがないって言うしと思いつつ、セルフケアでおっぱいのしこりを確認しても、しこりらしきものを発見できませんでした。でもセルフケアで見落としてるのかも。っと不安な毎日を過ごしていました。

 

でもやっぱり、上の子供もいるし自分に何かあっては。っと思い念のため病院に行こうと思い始めた矢先、胸のムカムカ感と吐き気の症状が現れました。ご飯を食べても吐いてしまい、匂いも受け付けなくなり、さっぱりしたものが食べたくなるようになりました。

 

この症状はもしかして。と思い、妊娠検査薬を試してみたところ、陽性反応が出ました。 そこでようやく私は妊娠していることに気づきました。この時点で妊娠6週の出来事でした。

 

そうです。おっぱいの痛みは妊娠して最初の妊娠超初期症状だったのです。

 

つわりを感じた6週2週間ほど前から、おっぱいの痛みを感じていたので、妊娠超初期のおっぱいの痛み4週ほどで感じていた事になります。

1人目の妊娠の時には感じなかった症状なので、つわりが来る前におっぱいの痛みを感じることもあるんだと思い、1回1回の妊娠で症状はそれぞれなんだなと実感しました。 症状はその時であったりなかったりです。1回1回の妊娠の症状を感じることも貴重な体験です。

子供が大きくなったら、あなたの時はこうだったのよっと話してあげようと思います。

f:id:akasuguope01:20170223234510j:plain

著者:かな6
年齢:28歳
子どもの年齢:0歳、6歳

こんにちわ。0歳と6歳の男の子の母親です。毎日やんちゃな息子たちと葛藤しながら、楽しんで子育てをしています。ときどき、辛くなる子育ても息子たちの笑顔で吹っ飛びます。私の体験が1人でも多くの人に共感してもらえたら嬉しいです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。