ゼクシィBaby みんなの体験記


顕微授精で授かった第一子。きょうだいを作ってあげたくて1年半後に妊活再チャレンジ!

f:id:akasuguope04:20161107152003j:plain

5年間の不妊治療の末、36歳で長女を出産しました。不妊外来専門医で、タイミング・人工授精とステップアップしていくなかで2度の流産を経験し、最後は顕微授精で娘を授かりました。

 

不妊原因は、私のホルモンバランスが悪く卵の育ちが悪かったことです。4歳年上の主人は、そんな私を責めることもなく、病院選びも治療方法についても私に任せてくれました。

 

私たち夫婦は、娘ひとり授かるために、時間も治療費もかなりかけました。私は仕事を辞めていましたし、主人が40歳過ぎていることを考えても、この先の教育費・老後など何かと心配に思うことがありました。
我が家には、2人目を考える余裕はないように思っていましたが、主人は「兄弟をつくってあげたい。」という思いがあったようです。

 

1人目より着床率・妊娠率も低下するらしく、先生からも顕微授精を勧められたこともあり2人目は初めから顕微授精にしようと決めていました。
主人と相談し、治療費は100万円までと決めて妊活再チャレンジ!

 

2人目の妊活をスタートさせたころは、ある芸能の方が「妊活」に前向きに取り組み情報発信していた頃だったので、私の中で不妊治療というマイナスイメージもなくなっていました。

 

長女の出産から1年半後に通院を始めましたが、院内の体制や治療方法もいろいろと変わっていました。卵の育ちが悪かった私は、飲み薬のほか注射を併用していました。
長女の時は、2日おきぐらいに注射をし病院へ通っていたのですが、通院負担を減らすため自己注射に変わっていました。
自分でお腹に注射するなんて恐ろしくて考えられませんでしたが、看護師さんに指導していただけたことでなんとか続けることができました。
ただお腹の溢れるほどのたるんだお肉は恥ずかしくて主人には内緒でこっそり打っていました。

そして幸いにも、私の卵ちゃんたちは採卵できるまでに成長してくれました。卵の育ちが悪い私の場合、1度に採卵できる数は2~3個と少なく、採卵できても受精卵にならない可能性もありました。
そのため、採卵を3ヶ月ほど続け受精卵の数を増やしてから移植していたので、約半年ほどかかりました。

 

残念ながら、1回目は失敗に終わりました。2回目の移植の時に、先生から「受精卵を2個戻しましょう。」と提案され、主人と相談することにしました。先生も、前回が失敗に終わったことから、着床率を上げることを考え2個を提案してくれましたが、もし2個とも着床した場合双子になるということです。
40歳を過ぎて3人の子どもたちを育てられるのか。母親として、双子を育てられるのか、不安ばかりよぎりました。

 

主人と話合い私たちの夫婦の結論は、この2回目の移植を妊活最後とすること。そして、双子であっても私たち夫婦に授かった子どもたち。
協力して育てようということでした。
主人の後押しがあり、私の気持ちも楽にありました。2個の受精卵を戻しましたが、着床したのは1個。

そして、39歳で次女を出産しました。

 

いま3歳違いの姉妹は、ケンカしながらも元気に遊びまわっています。「兄弟をつくってあげたい。」という主人の思いがなければ、4人家族にはなれなかったのかもしれません。

f:id:akasuguope04:20161019193228j:plain

著者:あずきんちゃん
年齢:40代
子どもの年齢:6歳と3歳

アラフォー夫婦の子育ては、体力勝負です!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。