赤すぐみんなの体験記


妊娠9ヶ月まで妊婦だと気づかれなかった!お腹の膨らみ方は個人差が大きい

f:id:akasuguope01:20170224164600j:plain

妊娠すると少しずつお腹が膨らんできて赤ちゃんの成長が楽しくなりますが、私が第一子を妊娠した時はなかなかお腹が膨らみませんでした。

初めての妊娠で不安だったこともあり、妊婦健診のたびに「大丈夫ですか?私の赤ちゃん小さいのでしょうか?」と確認していました。先生はエコーや検査の測定結果を見て「大丈夫!赤ちゃんは元気だよ」といつも太鼓判を押してくれましたが、妊娠5ヶ月に入っても私の下腹部は「ちょっと食べすぎた」くらいにしか出ていませんでした。

「働いていると、お腹があんまり出ないことがあるよ。赤ちゃん遠慮してるのかもね~」と出産経験のある友人に言われ「そうか、そういうものか。ま、元気な胎動もあるし気にしなくていいのかな」とやっと納得しました。

妊娠当時、事務員として勤めていた会社には制服がありましたが、7号サイズの制服を妊娠8ヶ月の始めまで着用していたため上司や同僚、同じ部の人以外は私が妊娠していることを知らない人がたくさんいました。

それでも妊娠8ヶ月を過ぎるとさすがに制服のスカートは履けないくらいにはお腹が大きくなっていたので、制服と同じ紺色のストンとした形のシンプルなワンピースを着て勤務していました。


私にとって初めての妊娠出産だったこともあり、産後育児に専念したかったので「産休」ではなく「退職」を希望していました。臨月に入る直前に社長に退職の挨拶に伺った時のこと、さすがにお腹も出てきたし退職の理由を改めて聞かれることもないかな、と思っていたのに「え!?なんでっ!?」と心底驚かれてしまい、こっちが驚いてしまいました。

「なんでって、あの、妊娠していて来月出産予定とお伝えしていたはずですけど・・・」と伝えると「え!?そうだったの?あー!だから制服着てなかったんだ!」と言われてしまいました。

妊娠9ヶ月になっても朝の通勤電車でも一度も席を譲ってもらったことがなく「世の中の人って妊婦に冷たいな・・・」と思っていましたが、この一件で「妊婦だってわからなかったのかも」と思い直しました。


しかし驚くべき体の変化は退職後の臨月にやってきました。日に日に分かるくらいにお腹が急激にぐんぐん膨らんでいったのです!

常にお腹の皮膚がぐうぅーんっと引っ張られているような感覚がありました。

里帰り出産のため実家に戻っていましたが、母にも朝起きるごとに「あれ?またお腹大きくなったね」と言われるくらいで、体の重心がどんどん前に移動していることがひしひしと感じられました。

ここで妊娠線が出たら嫌だな、と思ったので朝昼晩にクリームを塗りまくり、結果的には出産予定日より10日ほど早く、3000g近くある元気いっぱいの第一子長女を無事出産しました。

f:id:akasuguope01:20170224033826j:plain

著者:m.k._1
年齢:42歳
子どもの年齢:8歳、2歳

8歳女の子と2歳男の子のママです。趣味は料理とお絵かきと読書とクライミングです。息子のような夫がいます。夫の影響でSOULやFUNK、JAZZなどの音楽を好んで聴きます。毎日、ドタバタとにぎやかに暮らしています。子供たちと過ごす、かけがえのない毎日を愛しています。どうぞよろしくお願い致します。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。