赤すぐみんなの体験記


満身創痍の母子同室。産後の処置を受ける間、生まれたての新生児と過ごした夫の告白 by こたき

出血が多かったものの無事にお産が終わり、ようやく落ち着いたのは日付が変わった深夜でした。

元々はお産をした、ホテルの一室のような病室で入院生活を過ごす予定だったのですが、産科から少し離れていたため、体調を考慮して一般の個室を利用することになりました。

 

病室に入って休む間もなく母子同室が始まったのですが、両腕に点滴、下半身には会陰切開の傷とカテーテルで満身創痍。貧血のため起き上がらないようにと言われており、早速ハードモードでした。

f:id:akasuguedi:20170530102919j:plain

でも意外なことに赤ちゃんは部屋についてから朝になるまで一度も泣かずにほとんど眠っていて、私は「なんて親孝行なんだ…」と感動しながら娘の顔を見つめたり、乳首を含ませたりしながら朝まで過ごしました。

f:id:akasuguedi:20170530102937j:plain

朝になってやってきた夫にこの事を告げると、遠い目をしながら私が止血されてる間の出来事を語り出しました。

f:id:akasuguedi:20170530102956j:plain

f:id:akasuguedi:20170530103008j:plain

なんと!

私が担架で運ばれ処置を受けていた間ずっと、夫は私の母と赤ちゃんと3人で過ごしていたと言います。

 

私はてっきり新生児ルーム的な所で預かってもらっていると思っていたのですが、私が運ばれると同時に助産師さんたちも何の説明もせずバタバタと全員引き上げてしまい、部屋に残された夫は生まれたての新生児を抱っこしながら、母と共に今か今かと私の帰りを待ちながら過ごしていたそうなのです。

f:id:akasuguedi:20170530103023j:plain 

よく「育児は夫婦間でスタート時の差がついてしまう」と言いますが、一週間休みをとっていた夫はその後も貧血で寝たきりの私に替わってオムツ替えや泣いたときの抱っこを心にしてくれ、最初の数日だけで言ったら私より好スタートを切ったのでした。

f:id:akasuguedi:20170530103037j:plain

f:id:akasuguedi:20170216111911j:plain

著者:こたき
年齢:20代後半
子どもの年齢:2歳

2015年3月に娘を出産。かわいい我が子の成長をtwitterで綴っています。

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。