赤すぐみんなの体験記


これがラストチャンス!? 10年ぶりの妊娠で豪華産院や4Dエコーに驚き

f:id:akasuguope04:20161025174229j:plain

息子2人が小学5年、3年と手がかからなくなり、もともと子供は3人欲しいと思っていた私たち夫婦。

私が40代に突入して出産のタイムリミットを意識した時、ラストチャンスだ!

と思い、ありがたいことに半年ほどで第3子を妊娠しました。

 

約10年振りの妊婦健診。

上の子2人を出産した産院は、もう分娩を扱わなくなっていたので、別の産院に通うことになりました。

今回お世話になる産院は、以前通っていた産院のイメージとは全く違っていました。

待合室は、モダンなソファが並び、天井が高く窓も大きく、明るく落ち着いた雰囲気です。

産後の入院中の食事は、専任シェフによる和・洋・中、3時のおやつもあります。

無料で1回エステシャンによるアロマオイルマッサージもしてもらえるとの事。

もう出産が楽しみで仕方ありません。

今、人気のある産院は、このような感じです。

 

 

そして、妊婦健診といえば、お腹の赤ちゃんの様子を画像で見られるエコーですが、今は4Dエコーなるものに進化していました。

 

上の子2人の時は3Dエコー

三次元(長さ・幅・奥行)の超音波でお腹の中の赤ちゃんの画像(静止画)を見れました。

4Dとは、そこに「時間」が加わり、画面でまさに立体の動く赤ちゃんの様子をリアルタイムで見れるのです!

 

私は13週検診の時からこの4Dが見ることができ、

胎動を感じる前から赤ちゃんを実感できたときにはますます可愛くて可愛くて、元気に成長しているんだな~と感動。

 

20週のころには顔の表情も分かるくらい、眉間のしわがほんのり見えたりして本当に驚きました。

結構モゾモゾよく動いています。

 

 

わたしの通っている産院では毎回の健診でこの4Dが見れて、写真もいただけます。

希望すればビデオテープに撮ってくれるので、毎回持参しています。

今時ビデオテープって、なかなか売っておらず、いろいろ探して、ネットで在庫わずか!のところをゲットしました。

 

家に帰って写真を家族に見せるのですが、やっぱり動いてるところをリアルタイムで見たいと、現在6か月、夫も有給取って一緒に行っています。

 

「上が男の子2人なので、女の子がいいなぁ~、でも元気に産まれてきてくれればどちらでも。」

と、思いつつ、何年か前にみてもらった占いで、

「3人目、女の子の可能性十分にありますよ」(まぁ2分の1ですからね)

 

なんて言われていたのもあり、なんだか自信満々に女の子と確信していた私。

 

そして15週の健診のエコーで、性別が判明。

 

先生「あ、ちょっと出てるね~」

私「!!!」

先生「うーん、これは、ほとんど確実に男の子かな~」

私「わははは~。お・と・こ・の・こ!ですか~わははは~」

 

性別がわかってから1ヶ月が過ぎた今でも夫は「産まれるまではわからないぞ~」と未だに諦めていない様子。

そう。一緒に健診でエコー見たのに。

 関連記事:妊娠中の楽しみは4Dエコー♪ 胎児の表情や細かな仕草までリアルに見える!

 

そんな夫とは対称で、性別がわかってすぐに私は「三兄弟」と検索して男の子3人の楽しげなエピソードを読みあさっては妄想の日々。

そして今では料理上手な豪快母ちゃん目指しながらマタニティ生活を送っています。

 

f:id:akasuguope04:20161018180600j:plain

著者:shimama
年齢:40代
子どもの年齢:11歳・9歳

夫と息子2人と第3子妊娠中の主婦

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。