赤すぐみんなの体験記


相部屋ママさんの一言で脂汗をかくほど後陣痛を我慢…。看護師さんがSOSを察知!

f:id:akasuguope04:20161026185143j:plain

私が後陣痛を知ったきっかけは妊娠中に職場の先輩から「経産婦は後陣痛が痛いからね」と教えられたことがきっかけでした。一人目のときは、どちらかというと子宮の戻りが悪いほうだったので、あまり後陣痛は感じませんでした。

実際は確かに経産婦のほうが後陣痛がひどかったです。しかも、私の場合、この痛みをどうしたら良いのかわからず3日ほどひたすら我慢してしまいました。

横になっていても痛いのですが、特に授乳をするとぎゅっと下腹部が握り潰されるような痛みで本当につらかったです。もともと後陣痛産後子宮が収縮するときに痛むものなのですが、授乳をするとオキシトシンというホルモンが分泌されて子宮収縮を促すそうです。

私は、病院に設けられていた授乳室で痛みに耐えながらおっぱいをあげていました。そしてついにあまりの痛さに脂汗まで出てきてしまいました。

それを見た看護師さんが、夜勤の時間帯だったのですが、「先生に痛み止めの薬出してもらうからすぐに飲みな」と先生に連絡してくれて痛み止めの薬を出してもらえたのでそれを飲んだら痛みが落ち着きました。

陣痛痛みがこんなに軽くなるなら、もっと早くお薬をもらえば良かったと心底思いました。そして痛みがつらいと言えばお薬がもらえると知っていればもっと我慢しなくてもよかったのにとも思いました。

 

実は私がそこまで後陣痛痛みを我慢したのには訳がありました。

私が出産をした日はお産が立て続けにあったようで、入院前に個室を希望していたものの埋まってしまって、急きょ相部屋になりました。

その相部屋の方は緊急帝王切開で出産になったようで「いいよね。自然分娩の人は、出産した翌日から歩いてトイレに行けるんだから」という言葉をカーテン越しに聞いてしまったからなのです。

こっちだって痛みをこらえてやっとの思いでトイレに行っているというのに。

もともと授乳中でも「痛み止めの薬を飲める」というのを知らなかったことに加え、それから私は帝王切開の方の痛みに比べたら、このくらいの痛みは「我慢しなくちゃいけないのかな。」と思ってしまったのです。

 

退院してから、この話を友人にしたところ、友人も同じような経験をしていました。

友人はかねてから自然分娩でのお産をしたいと思っていましたが、逆子のため帝王切開になり産後、後陣痛が来たときに、「自然分娩の人の痛みに比べたらこのくらいは我慢しなければ」と思ってしまったらしく私のようにぎりぎりまで痛みを我慢したそうです。

 

出産に対するイメージや理想が強くて母親として我慢しなければと思ってしまうこともあるようです。

なので、私は自分の経験を踏まえて、友人が出産するときには、産後入院中に後陣痛が痛くて仕方ない時は授乳中であっても痛み止めの薬を処方してもらえるよ。ということと、後陣痛は我慢しない方がいいよ。ということをいつもアドバイスさせてもらっています。

著者:ママちゃんS

年齢:30代前半
子どもの年齢:2歳10ヶ月

3人の育児に奮闘中のワーキングママ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。