赤すぐみんなの体験記


憧れの4Dエコー体験は後頭部&顔ガードで惨敗…。でも奇跡のダブル〇〇ツーショットを目撃! by pika

こんにちは、pikaです。2歳の双子男児を育てています。

 双子妊娠中のお話。

今回は、妊娠19週にうけた4Dエコーのお話です。

f:id:akasuguedi:20170719101906p:plain

4Dエコーとは、胎児を立体的な画像でみることができる超音波検査のことで、妊娠15週30週頃が良い画像が得られる時期とされています。

かかりつけの総合病院では4Dの検査を扱っておらず。4Dだけでも受けさせてくれる別のクリニックを予約し、受診することにしました。
(クリニックによっては双子だと割り増し料金になるようです)

普段のエコー検査では、いつもガイコツみたいな風貌のわが子たち。
立体のわが子を見てみたい。でも体験談など読むと「小一時間ねばってようやく見れた」という書き込みも…

果たしてご尊顔を拝めるのだろうか…とやや不安になりつつも、期待に胸を躍らせいざ診察室へ。

f:id:akasuguedi:20170719102034p:plain

1人目。

エコーに対して背中を向けており、まんまるとした頭蓋骨が立体で映っただけ。

f:id:akasuguedi:20170719102051p:plain

2人目。
今度はこちらを向いてはいるものの、見事に腕で顔を隠した状態。
立体の肘が見えただけ。

4Dエコー検査…。確かに立体ではあったものの、ほぼ丸と棒しか見ることができませんでした。

かわいらしい赤ちゃん像(顔)は偶然の産物なのか…!

しかし良いこともありました。

f:id:akasuguedi:20170719102115p:plain

直前の中期エコーで「一人は男の子かも」と言われてはいましたが、このときハッキリと二人とも男の子であることがわかりました。

そして奇跡の(?)ダブル股間ツーショット

ちょうどふたりとも逆子で骨盤位をとっており、向かい合って座るその姿を、写真に収めることができました。


まったくもって立体の良さを感じることができなかった4Dエコーではありましたが、記念に残る写真ができ、よい思い出になりました。

>>次回エピソード:早食いしただけで失神寸前になり、冷や汗ダラダラ。双胎妊婦は、食事の仕方も慎重に… by pika

f:id:akasuguedi:20170513121857p:plain

著者:pika
子どもの年齢:3歳双子

2014年5月生まれの双子を育てています。産科ではありませんが医療職をしています。「妊活ブログ」・「双胎妊娠ブログ」を経て現在は双子育児4コマ漫画ブログを運営中。

ブログ:「ふたご絵日記

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。