ゼクシィBaby みんなの体験記


寝ない

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

生まれたその日は私の出血が多量だった事による貧血、もしかしたら輸血もありえること、陣痛が長引き寝れていないこともあり母子別室。

トイレも1人は危険と言われていたので、実際にゆっくり会えたのは次の日の朝からでした。赤ちゃんって寝るもの。という固定概念から、全く寝ない我が子にオロオロしていました。

 

授乳しても授乳しても足りずに泣くので、乳首を30分咥えさせたままだったこともありました。

 

授乳している体制が安心するのか、抱っこしたらすぐ寝て、おろしたら起きるの繰り返し。

大きく生まれたぶん泣き声も大きくて、外まで聞こえているんじゃないかな。と不安になるほど全く寝ません。

オルゴールつけたり、子守唄歌ってみたり抱っこしたままウロウロしても寝ない現実に、私が下手だから寝かしつけることさえ出来ないんだと毎晩自分を攻めていました。

ただただ、朝が来るのを待つだけ。と思っていたら、夜勤のベテラン看護士さんが部屋に来てくれ「最初から心ゆくまで母乳が出るお母さんは少ないのよ。少しは寝ないともっと出なくなるから」と赤ちゃんを連れていってくれました。

 

私達夫婦は、完全母乳ではなく旦那もミルクあげたい!という希望から、混合を最初から希望していたこともあり、「ミルクをあげておくから、明日の朝からまた母乳あげようね」と励まされ、久々にゆっくり寝られました。

ただ、やはり看護士さんもビックリするほど、うちのこはミルクを欲しがるようで「サービスしたんだけどねー。やる気、意欲がある子なんだね。」と笑っていました。

 

自分のご飯も食べれないほど泣き、空腹を訴え、私も子どもも寝られない。退院する前日までその繰り返し。飲む前と飲んだ後の体重も何回も測りにいきました。

でも、夜はミルクあげる、昼間は母乳で頑張るということでやっているうちに、少しずつ寝るようになっていきました。

人によっては全く起きないの、うちのこ!と言ってるお母さんもいて、お互い無い物ねだりで羨ましいと言っていましたが(笑)

 

退院すると、今度はスーパーマンの看護士さんは居ません。

我が家は私の実家に旦那がマスオさんなのですが、実母は障害があるため、昼間に寝れるわけでもなく、退院すると洗濯、掃除、洗い物…と家事に追われ…その間に授乳…となってしまい…

気分は落ち込み、病院では寝る時間増えていたのに、帰ると全く寝ず泣いて泣いて訴える我が子とともに泣くときもありました。

 

早出で早めに仕事が終わる旦那が帰宅すると、あまりにも顔色が悪い私に気づき、布団を敷いてくれ寝かせてくれました。布団に沈む感覚と共に寝てしまい、1時間後に夕食に起こしてくれるとあんなに泣いて寝なかった子どもがスヤーっと寝ていました。

 

「どうやって寝かせたの?」母親の私には出来なかったことをいとも簡単にやってのける旦那を見て、また自信を無くしましたが…。

「ニコニコ笑ってあげて抱っこしただけだよ。寝ないなら寝ないでいいじゃん。泣くならミルクあげてオムツ替えて抱っこしてみたりするだけだよ」と。

それがいかに難しいか…と落ち込みましたが「眠くないのに寝ろと言われても寝られないよ」と言われました。

 

確かに…私は赤ちゃんはこういうもの!という固定概念にとらわれていたので、余計プレッシャーを自分にも子どもにも与えていたのかもしれません。

ただ、昼間は明るく夜は暗くを心がけながら母乳、ミルクをあげ、オムツを替えて寝ないなら抱っこを繰り返しいるうちに、寝るのも深夜の2時過ぎてから朝の10時だったりしましたが、少しずつまとめて寝てくれるようになりました。

そうしえいるうちに1ヶ月検診前には23時には寝付いてくれ、2ヶ月来る前には21時までには寝付ける日も増えて、朝の8時くらいまで寝たりする日もあります。

 

抱っこして寝付いてもおろしたら泣くときは、そのまま泣かしつつ体制を横向けてあげてトントンしたり、おでこや眉毛あたりを撫でると寝てくれました。

 

良い意味で大雑把で良いからこの子のペースに合わせるようにしています。

でも、それは旦那さんの助けがないと倒れてしまいます。一人でどうにかするわけではなく、助けてもらいながらすることが赤ちゃんのためには良いんだと思います。

 

2ヶ月すぎた今は5時間くらいまったく起きません(笑)

著者:ラテちゃん

20代後半で元気な男の子のママしてます。

子ども大好きです!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。