赤すぐみんなの体験記


思ったより痛くなかった会陰切開。でも本当に辛いのは産後だった…

f:id:akasuguope04:20161021170645j:plain

2014年に長男を出産しました。妊娠中は初めての出産を控えて、楽しみもあればやはり怖さもありました。

怖さの一つはやっぱり陣痛です。そしてそれと並んで私が恐れていたのが会陰切開です。

痛みに弱い私にとっては、麻酔もなしにハサミで身体を切られるなんて、考えるだけで鳥肌ものでした。

 

経験者の話では、陣痛が痛すぎるから切る痛みなんて感じないと聞くことが多かったのですが、その時の私はそんなこと信用していませんでした。

身体を切るのに痛くないわけないと思っていましたから。ですから、会陰切開を避けるために、産院で教えてもらった会陰マッサージをやったり、伸びをよくするというストレッチをやったりしていました。

 

そして、ついに出産の時、陣痛はやはり痛くて私は助産師さんに怒られるほど叫んでいました。

子宮口全開になり、「さぁいきんで!」と言われ何回かの陣痛の波と共に必死でいきんでいる中、冷静に「これ以上はムリだね」と言う助産師さんたちの声が聞こえました。

「えっ、何がムリなの?」と困惑していたら、先生が「赤ちゃんの頭が出にくいみたいだから切りますね」と。

 

「あーやっぱり避けられなかった」とへこみましたがそれも一瞬でした。

その時には、もう何でもいいから早く産みたい、という思いの方が強かったです。

そして、気付いたらあっという間に切られていました。

 

経験者たちから聞いた話は正しかったようで、感覚はありましたが、痛いとは思いませんでした。

それだけやはり陣痛痛みの感覚が麻痺していたんですね。

結局、その後もう一回切って無事に産まれました。

我が子の小さな、でも確かな泣き声を聞いて、それまでの苦しみもふっとびました。

 

その後、縫合する時は麻酔されるので、この時もほとんど痛みは感じませんでした。私はすっかり「なーんだ、会陰切開はたいしたことなかったわ」と思っていました。

 

しかしそれから数時間後の麻酔が切れた後、会陰切開の本当の苦しみが始まりました。

痛いんです。もう、出産で身体は疲れていてるので、とにかく寝て休みたいのに寝れない。

どんな体勢をとっても痛い。

 

陣痛は痛いながらもこれから我が子と会える楽しみがありましたが、産んだ後のこの痛みは辛いだけでしたね。

痛み止めも処方してもらいましたが、それでも当日の夜はほとんど眠れませんでした。

翌日からは、円座ドーナツを借りてなんとか楽な体勢を見つけ、少しずつマシになりました。

 

今、2人目の出産を控えていますが、できるなら会陰切開はやっぱりしたくないと思いますね。

あの痛みがあるかないかでは産後の辛さが全然違うと思います。

実際、私の友人では、一人目は切開したけど二人目は大丈夫で、もう産後が楽だったという人がいます。

でも、切らずにいて避けてしまったら傷もガタガタで大きくなってしまうらしいので、そこは又、先生方の判断に従おうと思います。

会陰切開を避けたい方は、会陰マッサージとストレッチ(切迫早産などの兆候がなければですが)はやっておいた方がいいと思います。

それで回避できたと言う友人もいますので、出来る限りの備えをする意味はあると思います。

 

f:id:akasuguope04:20161012184715j:plain

著者:Pen7
年齢:36歳
子どもの年齢:2歳

2歳の息子と妊娠8か月のお腹を抱え毎日格闘中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。