赤すぐみんなの体験記


妊娠性痒疹

妊娠3ヶ月目から湿疹が出始めました。

お腹→胸→腰→背中→脚→腕と全身に広がり、1日中かゆみに悩まされています。

夜は患部に保冷剤を当てないと、痒みで眠ることもできません。寝ているときは無意識に掻いてしまうので、手袋も必須です。

 

産科の先生に相談し、皮膚科を紹介していただきました。

皮膚科では、外用薬のヒルドイドローション、アンテベート、内服薬のポララミン、クラリチンレディタブを処方されました。

妊婦に使える薬は弱いのか、残念ながら痒みがピタリと止まることはありません。

 

いいと言われるものはいろいろ試しています。特に効果を感じられたのは、よもぎと硬度の高い海洋深層水です。

お風呂上がり、体が暖まると激しい痒みに襲われますが、よもぎのローションとクリームを使うと、スッとしてとても気持ちよかったです。

海洋深層水は、寝る前にコップ1杯飲んで寝ると、翌朝痒疹の赤みが少し落ち着いています。

 

この症状は、ホルモンの関係で出てしまうそうです。「産めば治る」と言われますが、痒みと戦う本当に辛い数ヵ月間です。

私は、つわりよりも辛いと感じました。また、話をしても「そんなこともあるんだねー」くらいで終わってしまい、理解者がいないことも辛いです。 

痒みで泣く日が来るとは思ってもいませんでした。引っ掻き傷だらけ、ボツボツボロボロの皮膚を見るたび、ノイローゼになるんじゃないかと、心配になりました。

 

産科と皮膚科の先生に相談しながら、痒みと付き合い妊婦生活を送ります。

同じような症状で悩んでいるかたがいたら、早めに先生に相談し、薬を使ったほうがストレスも少なく毎日を過ごせると思います。

著者:もこ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。