赤すぐみんなの体験記


妊娠初期のマタ旅~クリスマスに沖縄へ

結婚して半年、ゆる~く始めた妊活

妊娠したらどうなるのか、とは深く考えずに今まで通り生活していました。

秋頃、夫婦でクリスマスの予定を話していて、北海道に住む私たちは暖かいクリスマスも体験してみたい沖縄に行ってみたい!と盛り上がり、勢いのままホテルと飛行機を予約。

 

妊娠が発覚したのはそれから2ヶ月後の11月、沖縄旅行の1ヶ月前でした。

その頃にはつわりも始まり、1日に2~3回はトイレで戻し、体のだるさもピーク、そして激しい乗り物酔い。

私は慣れない体の変化、夫は慣れない料理などの家事に、夫婦ともにあたふたとなんとか1日1日を過ごしていました。

そんな中で迫った沖縄旅行。

キャンセルすべきか迷ったけど、予約したのはせっかくだからと良いホテル、さらにクリスマス時期なので少し割高な1人12万円のプラン。

これをキャンセルする勇気もなく、主治医に相談したらあっさりOK、妊娠経過も順調のため、まぁ無理せずに、とのことでした。

 

そして、12月23日。

北海道は大荒れの天気。

前日の飛行機はほとんど欠航し、その日も吹雪のなか空港に着くと、沖縄行はなんとか1時間遅れで出発予定。

この時は気持ち悪さは無くならずとも楽しみの気持ちが上回り、飛行機が無事に飛ぶかハラハラしながら、やっと出発した時は、国内線で1番長いフライトも、旅行誌を見てわくわく過ごすことができました。

 

沖縄に到着すると、レンタカーで予定通りに美ら海水族館や万座毛、古宇利島や国際通りの観光を楽しみました。

期待していた沖縄料理も、ラフテーやタコライス、ソーキそばを満喫…してはトイレへ、せっかくのクリスマスだからと夫が予約してくれたイタリアンを堪能…してはトイレに駆け込み、食事に関してはもったいない思いをしました。

また、この頃は大好きだったネギなどの香味野菜がまったく食べられなくなったり、妊娠中のため生のお魚やローストビーフなどのレアなお肉を遠慮したりと、メニューを制限しなくてはいけなかったことも残念でした。

やっぱり旅行の楽しみは食事が大きい!

 

またぜひ、今度はおなかの子が大きくなったら家族で沖縄にリベンジしたいです。

その時は妊娠中&冬のため出来なかった海遊びやアクティビティにもチャレンジしたいなぁ。

著者:acoco

北海道に住むワーキングプレママ。

ピンクとアイスをこよなく愛する。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。