赤すぐみんなの体験記


今ではすっかり信者です!

実は妊娠中、胎教ってあまり信じてなくて・・・。育児本でCDを聴かせるといいとか書いてあっても本当に効果あるのかなぁと思っていたんです。

でも妊娠後期にふと思いついて、お腹の前で家にあったオルゴールを鳴らしてみたんです。その時は胎動の変化とかは感じなかったんですが、何となく、実験みたいなノリでそれから毎日お腹の前でオルゴールを鳴らすのが日課になりました。

その後予定日を11日過ぎて、24時間の微弱陣痛ののち、緊急帝王切開で娘が生まれてきました。

長女は泣いていることが多い赤ちゃんでした。娘が2ヶ月になった頃のことです。泣いて泣いて、オムツを替えても母乳をあげても抱っこしても泣き止まなかった事があって、原因がわからず途方に暮れてしまいました。あまりにも泣くのでだんだんかわいそうになってきて、寝不足が続いていた私は、一緒になって泣いてしまいました。泣きながら、ふとオルゴールが目にとまって手に取って鳴らしてみたんです。そしたら娘がピタッと泣き止み、耳をすまして聴いているのがわかりました。そして、ニコニコと笑ったのです。私は、その笑顔を見てさらに泣きました。当たり前のことですが、今目の前にいるこの子は私のお腹の中に居てオルゴールを一緒に聴いてたあの子なんだなぁと実感。赤ちゃんとの繋がりを感じてとても嬉しかったのです。

そんな事があってから、わが家では娘が泣いた時の最後の手段としてオルゴールが大活躍しました。

そして第2子妊娠中もオルゴール胎教してました。こうなるともうすっかり胎教信者ですね(笑)初めは胎教を疑っててごめんなさい!(笑)今妊娠中の方にはぜひオススメしたいです。

写真は大活躍のオルゴール。ちなみに曲は「星に願いを」です。

 

著者:ピノキオ

3歳女子と1歳男子のママです。ただいま3人目妊娠中。米農家のヨメをしながら田舎での子育て楽しんでます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。