ゼクシィBaby みんなの体験記


初めての計画出産

1人目の出産は陣痛が来るのを待っての自然分娩でしたが、2人目の出産は、医師から「赤ちゃんが大きめなので、計画出産で○日に産みましょう。」と言われ、急遽、計画出産になりました。

 

計画出産を行う日の前日午後から入院し、NSTを定期的に行いました。

当日は、朝にバルーンの挿入の処置をまず行いました。ネットで調べてみると、痛いや違和感などの話が書かれていましたが、個人的には挿入時に多少の痛みがあるものの、それ以外にほとんど苦痛は感じませんでした。

その後1時間ごとに子宮口を軟らかくする錠剤を計4錠飲みました。規則的な張りはあるものの痛みは全く無かったのですが内診してもらったところ、陣痛はきていないものの子宮口が6~7cm開いているとのことで、痛みが無いまま分娩台へ。

促進剤の点滴を打ち、その30分後に人工破水の処置をしましたが、この時点でも陣痛はまだ来ていませんでした。

人工破水の約20分後から、陣痛が始まり、あっという間に痛みが強くなり、陣痛が始まってから30分程で3425gの男児を無事出産することが出来ました。

 

出産に関しては、様々な考え方がありますが、私は当初陣痛を待って自然に分娩しようと考えていたので、薬を使うことに対しての不安や計画的に出産することへの抵抗があったのですが、いざ計画出産してみると、メリットもたくさんあったなと感じています。

メリット1つ目は、予定が立てやすいことです。いつ入院し、いつ出産というのが決まっているので、準備も落ち着いてできましたし、上の子を預ける事や入院中のお世話の計画もスムーズに行うことができました。

メリット2つ目は、安心感があることでした。出産前日から入院しているため、NSTで赤ちゃんの様子も定期的に見てもらえますし、助産師さんに気になることや不安なことはすぐに聞くことができたので、落ち着いて出産にのぞむことが出来たように思います。

 

今回の出産は予定外の計画出産でしたが、計画出産することで、出産に対する知識が増えましたし、視野も少し広がりました。また、何より赤ちゃんが元気に産まれてきてくれたので、本当によかったなと思っています。

著者:けいちゃん

5歳と1ヶ月の子どもがいます!普段は働いていますが、現在は産休中で、育休も取得予定です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。