ゼクシィBaby みんなの体験記


ほうれい線と口の周りに茶色い線が!!トラブル肌を緊急対策!

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

男の子を妊娠して6ヶ月目の30歳です。

はじめての妊婦生活で不安になった「肌トラブル」と対策について、体験をお話しします。

症状に気がついたのは、少しずつ吐きづわりが落ち着いてきた3ヶ月目の朝のことでした。

顔を洗っていつもの化粧水をつけると異様に肌がしみたのです。

鏡を見ると、見覚えのないシミのようなものがぼんやり出ていました。

両方の口角からマリオネットラインを描くようにぼんやり薄茶色に。

昨日までは気がつかなかったのに、今日突然シミができるなんてあるはずがない(と信じたい・・・)化粧品の沈着かもしれないと、泡洗顔をクレンジングオイルに変えてみました。

そのうち消えるだろうとあえて気にしないようにしていたところ、

2日後には、ほうれい線のできる場所にも同じような薄茶色の線ができていたのです。

あきらかに広がっている・・・口周りも鼻の脇もどちらも線状になっている。

夫までお風呂上がりのすっぴんを見て「口の周りどうしたの?」と心配するほど濃くなってきました。

ファンデーションでも隠せなくなってきた、にっくき線状のシミ。

しかし、5つの方法を試して1ヶ月・・・嘘みたいに薄くなってくれたのです!!(泣)

産婦人科では皮膚科に相談してくださいとのことだったのですが、時間がとれず。

インターネットで調べてみると「肝斑(かんぱん)」の可能性もあるかもしれないと思いました。

肝斑は頬や、口の周りなど左右対称に出るものだそうです。

原因としては、妊婦に増える女性ホルモンの「プロゲステロン」が引き起こす肌トラブルと言われています。

生理前のイライラでつきあってきたあの「黄体ホルモン」というものです。

私の場合、

・ほうれい線、マリオネットラインとどちらも左右対称にあらわれたこと

・薄ぼんやりとして線であること

・妊婦になって突然できた

ことから、肝斑の可能性も否定できないと思いました。

シミかもしれない、肝斑かもしれないという状況で、考えられる緊急手当は

シミ対策と肝斑対策のハイブリッドを試すことでした。

つまり

1.これ以上日に焼けない

2.日中こまめに保湿をする

3.ビタミンCを摂る

4.クレンジングミルクを使う

5.トラネキサム酸配合の美容液を使う

ことです。

詳しくは、

1.日焼け防止には天然由来成分で作った日焼け止めを使用しました。洗濯物を干す際にも塗るようにしました。また、サングラスと帽子で目からの日焼けもシャットアウト。(見た目は怪しいけれど、背に腹はかえられません。)

2.敏感肌用化粧水を100円均一のミストボトルに入れて持ち歩きました。気づいたときにシュッとひとふき。乾燥肌は日に焼けやすいようで、新しいシミの原因を作らないためです。

3.ビタミン豊富なパプリカを自炊メニューにふんだんに取り入れました。朝は国産レモンを皮まで入れたグリーンスムージーを飲むようにしました。

できてしまったシミを少しでも早く肌のターンオーバーで生まれ変わらせるためです。

4.クレンジングミルクを顔に優しく広げ、蒸しタオルをしてから入浴しました。はじめ、色素沈着かと思ってクレンジングオイルを使ったのですが、保湿効果のある皮脂まで取ってしまうと聞き、オイルからミルクに変えました。

5.予防だけでなくできたシミや肝斑にも効果のある成分と言われています。値は張りますが、成分含有量の高い基礎化粧品を選びました。朝晩の洗顔後、つけました。

 

この5つの対策による効果は徐々にあらわれました。

ひと月かけて、うっすらとしてきた・・・という感じです。

どのお手入れが効いたのかはっきりとはわからないものの、夫には「そういえばシミ消えたね」と言われるほど元に戻ったようです。

あくまで私の体験ではありますが、急にできたシミや肝斑は治る!

肌の周期は2週間という言葉を信じて、いつもの倍、手をかけてあげてください。

著者:世田谷区在住30歳

2016年夏結婚、2017年秋に第一子出産予定です。司会の仕事などしています。私自身ひとりっこなので、今おなかに男の子がいることが不思議で、少し不安なマタニティーライフです。よろしくお願いいたします。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。