ゼクシィBaby みんなの体験記


初めての出産

妊娠38週目の検診。予定日までまだ2週間以上あるなか、お腹の子どもは推定3200グラムに。身長が150センチの私の身体に対して赤ちゃんが大きくなりすぎると普通分娩は難しく危険も伴うとの事で、予定日より早く入院することに。

 

自然な形で出産をしたかった私は何だか悶々とした気になり、入院日までに何とか自然な形で産みたいと思い沢山歩いたりマンションの階段を上り下りしたりを繰り返しました。

しかし赤ちゃんは下りてくる気配なく、とうとう入院の日になりました。

 

当日は主人も仕事のため一人で朝の8時半に病院へ。立ち合い出産を希望していたので何かあれば連絡するとだけ伝えていました。

お医者さんからは子宮口が殆んど開いていないのでバルーンをいれて子宮口を開きつつ陣痛促進剤を打って出産するとの事でした。

大体出産まで2日間を見ておいて下さいと言われていたのでまだ先は長いなと思いつつバルーンを入れてベットで待機。子宮口に違和感を感じつつも陣痛促進剤が効いているかも分からず過ごす。

 

お昼の検診でまさかの子宮口6センチ開き。順調に進んでいるので今日の夕方には産まれますと言われて慌てて主人と母に電話し、私は分娩室へ。陣痛促進剤も効いているか分からず全然痛みもないまま連れていかれ、本当に産まれるのかと思いつつテレビを見る余裕あり。

途中で点滴の促進剤に代わったところから次第に陣痛が始まり痛みがましてきた。

 

主人が14時頃に到着。この時には痛みが酷くなり陣痛が来る度に悲鳴をあげる。15時に母も到着。うちわであおいでくれたり汗を拭いてくれたりしながら陣痛に耐える。夕方18時頃に子宮口全開になり、ここからはひたすらいきむ。

しかし、いきんでもいきんでも下りてこず何度も助産師さんに、助けて~と訴える。19時過ぎにこれ以上すると体力がもたなくなるので吸引して取り出すことに。そこからは助産師二人、看護師、医師があれよあれよと分娩の準備を整え、助産師の掛け声に合わせてひたすらいきむ。

もうちょっとのところで股を4ヶ所くらい切開されるがそんな痛みもわからないほどいきみに苦しむ。

吸引してもらいながら、頭がやっとでてきて、もう一発大きないきみをしてやっと赤ちゃん登場。

 

赤ちゃんの喉の羊水?を吸引してもらうと初めて「おんぎゃー」と泣いてくれた。

その瞬間、感動というよりはやっと終わったという安堵感の方が大きかった。

お腹の上に乗せられた赤ちゃんはずっしりと感じつつ本当に産まれたんだーとあまり実感がわかない感じでもありました。

 

みんなで記念撮影をして落ち着いた頃に母も主人も片隅で感動して涙していました。

後から体重を計ると3400越え。推定より大分大きかったけど無事に普通に分娩できて安心しました。

 

著者:にこ

初めての妊娠、出産で男の子を出産しました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。