赤すぐみんなの体験記


子宮頸管縫縮術

私は2人目を妊娠し、妊娠6ヵ月の検診の時に子宮頸管縫無力症だということがわかりました。

初めて聞く言葉ですし、上の子を妊娠した時は何ともなかったのでびっくりしました。

先生の話によると、子宮頸管縫無力症は子宮口が弱い人のことを言うみたいです。最初からそうなってしまう人もいれば、途中からなる人もいるみたいです。赤ちゃんを生産期まで支えることが出来ずに流産早産を引き起こしてしまう危険性があるとの事でした。私はいきなりそんな事を言われ訳が分かりませんでしたが、良くない状況だということはすぐにわかりました。

先生はこのままでは危ないので手術して子宮口を縛った方がいいと言われました。それが子宮頸管縫縮術と言うものです。しかし、縛ったからと言って絶対大丈夫ということではありません。縛った衝撃で破水してしまったりすることもあるみたいです。不安でたまりませんでしたがやらないよりはマシだと思い、シロッカー法で子宮頸管縫縮術を行いました。縛った初日は生理痛のような痛みでなかなか眠れませんでしたが2日目からはお腹の痛みも取れてきました。トータルで1週間ちょっとの入院でした。術後は普通の生活をしても良いのですが油断は禁物です。お腹の子を優先に、疲れたら休むこと、負担になるようなことはしないこと、歩き回らないことに気をつけながら生活をしています。

赤ちゃんは毎日元気に動いています!胎動も激しくまるで頑張ろうねと勇気づけてくれているような感じです。赤ちゃんは私の不安な気持ちを悟ってるんですかね。いつも味方でいてくれるこの子のためにも負担にならない生活を送るよう心がけています。

著者:ごんちゃん

一児のママ。お腹には新しい家族がいます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。