ゼクシィBaby みんなの体験記


先が見えなくて、しんどかったあの頃の自分へ。育児のひと山を越えた今の私が伝えたいこと by うだひろえ

f:id:akasuguedi:20170613125116p:plain

上の子が3歳で年少さんになった時にも、「あ~ひと山越えたな~」とは思ったんですけど。

その時は下の子1歳でしたから、まだまだ大変で、でもあと2年したら落ち着くのかなぁ、なんてぼんやりと思っていました。

 

そうして、下の子が年少さんになり、上の子なんて年長さんで来年小学校で、「思えば遠くへ来たもんだ」としみじみしたりします。

ま、これからまだまだ、山は続いていくんですけどね。

 

あの頃の私が見たら、びっくりするだろうな。

子どもたち2人とも自分でトイレに行くようになったし、自分でご飯食べるし、ギャーギャー泣いてる時に「どうしたの?」と聞けば理由を教えてくれるし、「おやすみ~」と電気を消せば勝手に寝るようになるなんて。

信じられないだろうね。

あの頃の私は、周りがどんなに、「そのうち楽になるから」って言ったって、信じられなかった。

 

先が見えなくて、真っ暗で、ただただ、しんどかった。

子どもはかわいいけど、こんなに大変だとは思わなくて、でも弱音を吐けば「そんなのみんな同じだ」「もっと大変な人はいる」と言われて、次第に弱音を吐けなくなって。

疲れて休もうとすると、「子どもがかわいそう」って、責められたりもしたな。

逃げたい、と思って、でも逃げ場なんてなくて、ただ時間が過ぎるのを待ったりした。

どこまで自分を犠牲にすれば、私はいいお母さんになれるんだろう?と思ったりもした。

 

ひと山越えて、やっと、言える。

あの頃の私に。

 

「いや~、ホント大変だよね。よくがんばってるよ。エライ!!」

 

だって、私は全部知ってる。私だけは、全部、知ってる。

できたこと、できなかったこと、喜びも、後悔も、全部、全部、知ってる。

 

「今の私は、あなたのおかげで、あるよ。」

 

子育てなんて、家族なんて、不確かなものばかりだけど。

未来の自分は、全部見てるから。

 

「あなたは私の誇り。ありがとう。」

 

お礼を伝えたいと、それから次の山に挑もうと、思ったのでした。

f:id:akasuguope02:20150819072853p:plain

著者:うだひろえ
年齢:アラフォー
子どもの年齢:5歳と3歳

マンガ家/イラストレーター。愛知県生まれ。2008年『夢追い夫婦』(KADOKAWA)でコミックエッセイデビュー。『誰も教えてくれないお金の話』(サンクチュアリ出版/監修:泉正人)が30万部を超えるベストセラーに。5歳男児&3歳女児の子育てに奔走する生活を、ツイッターやブログで垂れ 流し中。

website:http://umeyon.net
最新刊:「伝えるチカラを身につけたらダメ旦那が稼げる男になりました」

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。