赤すぐみんなの体験記


30代半ばで妊活スタート。気長に構えていたけど3ヶ月であっさり妊娠!

f:id:akasuguope01:20161129160611j:plain

結婚して1年。待望の妊娠は、あっさりとお医者さんから告げられました。

結婚当時は私が30代半ば、主人が40代半ばで、結婚前から子供は早く作ろうねと言っていました。しかし、私が心因性の病気で治療中のため、その薬の影響で体が「妊娠していないのに妊娠している状態」になっていました。もちろん、生理も止まっています。そこで、仕事を辞めてゆっくりと落ち着いた生活になってから、投薬治療を一旦やめることになりました。それが、結婚してから半年経ったころです。


それから薬の副作用が抜けるのに4か月程かかり、ようやく私の妊活が始まりました。
妊娠するのに問題ないのか、卵管通気検査法で調べてもらいました。こちらは問題なし。もっと調べたければ子宮卵管造影術があるそうですが、かかりつけの婦人科ではやっていなかったので、もう少し様子を見てみて、妊娠の気配がなければ病院を紹介してもらうということにしていました。
それからは、排卵日の特定と月経サイクルの確認のため、指定の日に病院へ向かう日々でした。


幸いなことは、かかりつけの婦人科では出産を扱っていなかったので、待合室に妊婦さんがいなかったことが心理的に負担にならなかったのかもしれません。
基礎体温をつけ始めたのも、薬の副作用が抜けたと確認ができてからでした。本来なら、もっと早く始めるべきだったのでしょう。超冷え性の低体温な私の体温は、朝の冷え込みなどで影響されて、お医者さんも眉をしかめるほどわかりづらい体温表だったようです。

そうして始まった妊活は、あっさりと3カ月で終わりました。

元々生理不順だったため、一週間遅れるのはいつものこと。また遅れているんだろうな、と思っていました。お医者さんに来週また来てください、と言われた時も、生理が来たらどうしたらいいですか?なんて訊いたくらいです。


そして、翌週。お医者さんは唸りながら画面を見ていました。そして、告げられたのは「妊娠の可能性か内膜症の可能性」。
そこで妊娠できた!と思わないのは私の性格です。病気だと思い込んで、すぐネットを検索しました。それまでいろいろと他の人の経験談を見ていたので、妊娠発覚前には多々症状があることを知っています。

しかし、私には思い当たる症状がまったくなかったのです。もちろん、それらの症状は個人差があることもわかっていたのですが、病気だと思い込んだのも仕方ないかもしれません。
通院予定だった来週が来たので病院へ行くと、妊娠確定となりました。


「よかったね。妊娠してるよ」もう、あっさりと。
じゃあ、予定日を計算してみるね~、とお医者さんは言っていましたが、私の頭の中は喜び半分パニック半分。素直に嬉しいのに、「本当に!?」と疑っている自分がいました。


「今日は5週1日ね」と言われました。エコー写真を渡され、「これが胎嚢」と言われて見たのは、ちっちゃな豆つぶ。赤ちゃんと言われてもぴんとこなかったです。子宮外妊娠でもないから、このまま安定期までは安静を心掛けて、と言われました。

 

妊活のスタートが遅かったため、これから1年くらいかかるのかな、と夫婦で話していたところにやってきてくれた赤ちゃん。妊娠前症状は全く感じませんでしたし、何度思い返しても思い当たることはありませんでした。これも個人差なのでしょう。
排卵日チェックを細かく病院で行っていたため、あまり見れないかもしれない、豆つぶ状態の赤ちゃんを見れたのは奇跡かもしれません。ここから一人の人間が始まるのね、なんて、エコー写真を見ながらしみじみと実感していました。

現在妊娠3カ月。育っていく我が子、これから楽しみです。

f:id:akasuguope01:20161128155700j:plain

著者:しろくろまめまめ
年齢:36歳
子どもの年齢:妊娠3か月

只今第1子を妊娠中です。学校を卒業してからずっと働き続け、ようやく巡り合えた人と結婚。1年後に妊娠しました。
30代半ばだから高齢出産なのよ!との妹の言葉にもめげずに、赤ちゃんと一緒に成長中(いろんな意味で)です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。