赤すぐみんなの体験記


29週、低置胎盤の診断に涙が…。予期せぬトラブルに、子を思う親の心を学びました

f:id:akasuguedi:20170513115929j:plain

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

29週検診で久しぶりに内診をしました。

先生から、

「胎盤が低い位置にある。1週間後にまた内診して胎盤の位置が変わっていなかったら帝王切開になるかも…」

詳しく聞くと、”低置胎盤”と言って子宮口の近くに胎盤があるとのこと。

普通分娩すると大量出血の恐れがあるので、自己血を採って手術に備えなければいけない。

個人の病院では難しく総合病院での出産となる、と話がありました。

 

いきなりのことでびっくり!普通分娩で出産する準備しかできていなかったため、びっくりしたのと怖くなってきて泣いてしまいました…。

何をしたら胎盤が上がるという方法もないらしく、胎盤が子宮口の近くにあり出血しやすいので安静にと言われました。

 

それから毎日「胎盤上がって下さい、胎盤上がって下さい」ととにかく願うばかり。

生活していてもつい胎盤のことが気になり、気が気じゃなかったです。

しかし、途中で「どんなお産でも出産には変わりはない。普通分娩でも帝王切開でもどっちでもいいや」と思えるようになり、少し楽になりました。

母はこうやって強くなっていくのだなあ…(笑)

 

1週間後…

緊張しながら病院に行き再度内診。

先生も私がびびりで心配性だと知っているので「しっかり時間かけて診るからね」と丁寧に時間をかけて診てくれました。

 

結果…胎盤がまだ低い位置にあるため、総合病院で診てもらわないといけないという結果に。

意外に冷静に受け止められている自分がいて、少しびっくりしました。

 

次の日に総合病院に行き詳しく診てもらい詳しい説明を受けたり、帝王切開の日取りを決めたりしました。

大量出血になる可能性があるため自己血を採って備える事、妊娠によってヘモグロビン値が下がっているため、鉄剤を飲んで採血の準備をするという話もありました。

そして明後日、総合病院での2回目の検診。自己血を採りに行きます。

 

今回のことで思ったのは妊娠・出産は産まれるまで何があるかわからないという事。

自分に予期せぬ事が起こって不安になったり、ほんとにいろいろな事があるなあと思いました。

旦那さんもとても心配してくれて、2人で

「自分たちの両親もこうやって心配してくれていたんだなあ」

と話しました。

こういう状況にならなかったら考えなかったかもしれないと思うと、今回の経験は悪い事ばかりではなかったかなと思いました。

残り僅かのマタニティライフ楽しんで過ごしたいです♪

著者:みさきんぐ

26歳 初マタニティです(^^)v

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。