読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤すぐみんなの体験記


ある朝突然ご飯の香りが平気に!はっきりとわかったつわりの終了

f:id:akasuguope01:20161031162457j:plain

安定期はいつからなんだろうと本やインターネットで調べ、5ヵ月からということを知ってから、私はまだかまだかとずっとその5ヵ月目を待ち望んでいました。
というのも、もちろん流産の可能性が低くなる事もとても大事だったのですが、とにかく自分はつわりが死ぬほど酷かったんです。
一日中、寝るときまで気持ちが悪く、夜中もトイレを行ったり来たり。
朝まで寝れた事はほとんどありませんでした。

食欲もなく、肌はボロボロになり、病院に行ったら栄養失調と言われました。
心配した母親は毎日違ったフルーツを用意してくれたり、食べやすいご飯を作ってくれましたが、全ての匂いに反応してしまい、食べる事が出来ませんでした。
本当に、涙が出る程辛かったです。

「安定期に入れば落ち着いてくるよ」と周りの友達や病院の先生が励ましてくれたので、わが子の為と思い、我慢しながら頑張って生活をしていたのですが、6ヵ月を過ぎても一向に症状は良くなりませんでした。
改めて、本やインターネットの情報は当てにならないな、と思いました。

ついに7ヵ月を過ぎた頃、急に朝までぐっすり眠れた日があり、起きてキッチンに向かうと、いつも感じていた気持ちが悪くなる匂いがしなくなったのです。
特にダメだった温かいご飯の香りも平気になっていました。

こんなに極端に変わるものかと正直びっくりしました。

そして待ちに待った安定期が来たのかと嬉しくなりました。

それからはもう毎日が楽しくてしようがなかったです。
外出も気軽にできるようになり、友人とショッピングや食事も楽しみました。
同時に流産のリスクも減ったので安心感も強くなり、積極的に散歩や安産体操などを行っていました。
産後にはできない事が沢山できて良い妊婦生活の思い作りになりました。

あんなに辛かったつわりはもう嘘のようでした。

聞けば、産むまでつわりが続く人や全くつわりがない人までいると知り、自分は少しの期間でも妊婦生活を楽しむ事ができて幸せなんだなと思いました。

本当に、毎日涙を流しながら辛いつわりと闘いましたが、今思えば、赤ちゃんが元気に生きている証拠をしっかりと感じられて本当に幸せだったと思っています。

f:id:akasuguope01:20161030214203j:plain

著者:MAMIO
年齢:23歳
子どもの年齢:3歳

ギャル卒してハタチで出産。仕事も辞め、不安だらけの毎日を乗り越え、今はすっかり家事も子育ても楽しめる主婦になりました。可愛い可愛い息子の成長を噛みしめながら充実した毎日を送っています。趣味特技はウィンタースポーツですが、しばらくはお休み中。子供がもう少し大きくなったら、教えてあげて家族で楽しみたいです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。